シンザン記念2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ! | 本気競馬

シンザン記念2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ!

oikiri4

ジェンティルドンナ・ミッキーアイルに続く馬の誕生なるか?

京都競馬場では正月恒例の京都1600m3歳馬によるシンザン記念の発走が近づいてきました。過去にGI馬を輩出したこともある出世レースに今年は12頭がエントリーしてきましたが、前評判からすると抜けた存在不在の混戦模様。人気を信じて買うのもいいのですが、やはりここは追い切りの動きから絶好調の馬を見つけ出して、狙ってみるというのが一番なのではないでしょうか。

シンザン記念 2018 [追い切り診断]

シンザン記念 2018/エアアルマス

エアアルマス
栗東CW 84.8 69.0 53.4 39.1 12.9 馬なり 併せ先着
調教評価 A 1週前の動きはまさに絶好で注目

最終追い切りではラストだけ脚を伸ばして感触を確かめる程度の追い切りとなりましたが、1週前には6Fから乗ってラスト4Fが50.2-11.8という破格の時計をマークしており、併せ馬で遅れはとったものの自身もこれだけ動けているのならば好調は間違いなしといったところでしょう。今回はルメール騎手から福永騎手への乗り替わりとなる点で心配の声もあがっているようですが、稽古での感触を見る限りは不安は無用といったところでもあり、重賞に入ってどこまでやれるのか楽しみとなってくる仕上がりであると言えるのではないでしょうか。

シンザン記念 2018/アーモンドアイ

アーモンドアイ
美浦南W 68.0 52.6 38.3 12.9 馬なり 併せ先着
調教評価 A 理想的な好追い切りを消化

5Fから徐々に加速していってラストは併せ馬で先着という非常に理想的なラップと内容の追い切りを消化したアーモンドアイ。順調な仕上がりを見せていると言ってよさそうですが、血統的にもロードカナロアにフサイチパンドラというGI馬配合には注目が集まるところではあります。牝馬ながらに前日のフェアリーステークスではなく、このシンザン記念を選択するのはもちろん桜花賞を見据えた関西遠征であり、また条件的に中山コースよりも京都が向くと陣営が判断したに他ならず、勝負気配漂う1頭であると言えるでしょう。

シンザン記念 2018/カフジバンガード

カフジバンガード
栗東坂路 52.1 38.3 24.7 12.1 強め 併せ先着
調教評価 A 坂路自己ベスト更新で好調

10月から4戦を消化しているカフジバンガードですが、この中間も疲れは感じさせない動きを見せており、最終追い切りでは坂路の自己ベストタイムを更新する52.1をマーク。終いまでしっかりとスピードを持続させており性能の高さがうかがえる追い切り内容となりました。勝ち振りも地味なところがあり、決め手勝負となった際に不安が残るのは確かなところでしょうが、競り合う消耗戦にでもなると浮上してくる余地は十分にあると言えるのではないでしょうか。

シンザン記念 2018/カシアス

カシアス
栗東坂路 57.6 40.5 25.5 11.9 馬なり
調教評価 A 終いの伸びは目を引くスピード感

朝日杯FSでは直線失速して敗退しましたが、パタリとは止まらずに粘りこんでいたことは評価したいカシアス。さすがに前走後に疲れが出たのか中間の追い切り本数は2本で前走後の初時計は12/31というのは気になるところではありますが、その2本ともに終いの伸びは目を引くものがあり、疲れを感じさせない動きを見せています。ただこのソフト調整が裏目に出て当日馬体重を大きく増やしてきているようなことがあればそれは要注意といったところでしょう。スピード的にはこのメンバーに入っても上位の存在は間違いのないところではあるだけにあとはマイルでどこまで粘れるかにかかっていると言えそうです。

tohyoken_01

シンザン記念 2018 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、今回1番人気に押されてきそうなファストアプローチ。この馬に関しては藤沢厩舎所属馬であり調教時計は速い時計を出さないので評価し難い部分はありますが動きだけ見ればフットワークも軽く、好仕上がりと判断してよさそうなのでB評価はつけておきたいところ。後はミッキーアイルの弟スターリーステージですが、稽古の動き自体悪くはないのですが前走からの上積みがどうかというところを考えてB評価とまりということにします。

keibajo_02

それでは今週はこのシンザン記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA