高知県知事賞 2017 予想 / 3歳世代トップクラスのフリビオンを本命に! | 本気競馬

高知県知事賞 2017 予想 / 3歳世代トップクラスのフリビオンを本命に!

yosou_chihou

2017/12/31(日)開催 高知8R 高知県知事賞
3歳以上 ダート 2400m(右) 定量戦

高知県知事賞 2017 [予想印]

知る人ぞ知る大晦日の名物重賞・高知県知事賞。ダートのクラシック距離といえば2000mに違いないが、ここ高知ではこの高知県知事賞の2400mこそがクラシックな距離だ。というのも高知競馬には2000mが存在しないからで、芝のクラシック距離に合わせたこの一戦にこそ伝統の重みがある。毎年今が旬の馬が強いレースという印象で、この舞台でしか使われない2400mは実力差が出る。今年の主役は誰が張るのか―。

高知県知事賞 予想 【本命◎ フリビオン】

本命はフリビオン。やはり本命はこの馬。3歳馬で今年刻んだ足跡は実に鮮やかで、前走・ダービーグランプリ2着、西日本ダービー優勝、そしてここ高知優駿優勝と高地競馬にとどまらない活躍を見せた優駿だ。父フリオーソの名声を高めることに繋がった実力は間違いなく、地方競馬の3歳世代でもトップクラスの一頭だろう。それというのも佐賀のスーパーマックスを破ったり、アウェーで北海道3歳最強のスーパーステションと肉薄している事からも明らか。ここは初距離も楽しみの方がずっと大きいと言えよう。

高知県知事賞 予想 【対抗○ カッサイ】

対抗はカッサイ。正直買いづらいが能力を順当に評価してこの馬を対抗評価とした。買いづらい決定的要因は距離適性にあるが、中距離実績に乏しい馬でも走るのがこのレース。そもそも殆ど経験すらできない距離ではスピードと鞍上を信頼する他はないのだが、敢えてここを使ってきた雑賀調教師と永森騎手のゴールデンタッグの判断を信頼する。父スクリーンヒーローで母父ティンバーカントリーなら、意外にもあっさりとこなしてしまうかもしれない。

高知県知事賞 予想 【単穴▲ サクラビクトワール】

3番手はサクラビクトワール。この馬を指名したのはこれまでのローテーションが気になるからだが、ここ2戦は強敵相手の遠征を繰り返してきた。前走などは強豪ひしめく名古屋グランプリに参戦しており、2走前の北國王冠と合わせていかにもここ勝負の気配が漂う。高知競馬ではキャリアが積めないこのレースだからこそ、狙って参戦してきたローテに一票を投じたい。

高知県知事賞 予想 【連下△ イッツガナハプン】

最後はイッツガナハプン。ものすごく弾けそうで何ともいえない一年だったが、オグリキャップ記念で3着するなど今年も活躍を見せた。前年はこの距離の鬼・リワードレブロンに敗れはしたが、2着で既に経験済みの実績が怖い実力馬だ。高知では【10・2・0・1】と安定感は抜群だが、その成績とは裏腹にやや仕掛けどころが難しいタイプ。初コンビの倉兼騎手と手が合うか分からないので4番手評価とした。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

高知県知事賞 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 8フリビオン
  • 対抗○: 2カッサイ
  • 単穴▲: 1サクラビクトワール
  • 連下△: 6イッツガナハプン

馬券は馬複。馬番1.2.6.8のBOX、計6点で勝負!

[高知県知事賞:2017/12/31(日)-高知競馬 第8R-17時30分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA