東京大賞典 2017 予想 / 勢い十分インカンテーションを本命に! | 本気競馬

東京大賞典 2017 予想 / 勢い十分インカンテーションを本命に!

yosou_chihou

2017/12/29(金)開催 大井10R 東京大賞典(GI)
3歳以上選定馬 ダート 2000m(外コース・右) 定量戦

東京大賞典 2017 [予想印]

年末の風物詩である東京大賞典。国際格付けでもGIの称号を持つこのダート最強馬決定戦に、今年も地方・中央問わず強豪が顔を揃えた。晴天に恵まれての施行となりそうなこの一戦で、先手を切って逃げそうなのが外枠に入ったコパノリッキー。キタサンブラックと同じヤナガワ牧場の生産馬だが、ここで更にタイトルを上積みできるかにも注目だ。また、今年のJBCが大井開催だった事もあり、JBCでの結果がここでも重要視される一戦。

東京大賞典 予想 【本命◎ インカンテーション】

本命はインカンテーション。今年に入るまでは低迷期を迎えていたが、3月のマーチステークスで重賞を制覇すると、その後も勢いが衰えることなくここまで重賞2連勝。元々フェブラリーステークス出走時から馬体は元に戻ってきており、レース感を取り戻したこの馬の活躍は驚くに値しない。とはいえ、武蔵野ステークスでも前々で強豪を押し切って見せ、ここまで充実している事は注目に値する。三浦騎手とも手が合っており先行策もはまりそう。本命に大抜擢。

東京大賞典 予想 【対抗○ コパノリッキー】

対抗はコパノリッキー。元々最低人気でフェブラリーステークスを制した馬だが、前走のチャンピオンズカップでも9番人気に発奮する3着だった。インを突いて気持ち良く逃げられればとにかくしぶとく粘るのが持ち味で、今回のように単騎逃げが狙える状況はノーマークは危険と見る。仕上がりもここ目標に上昇が望め、十分勝ち負けが狙えるところ。

東京大賞典 予想 【単穴▲ ヒガシウィルウィン】

3番手はヒガシウィルウィン。今年地方所属馬でありながらジャパンダートダービーを制した。この時の2着馬サンライズソアが武蔵野ステークスを2着しており、比較から言ってもこの馬が中央の古馬に劣るとは思えない。この大井の2000mはパワーが要求されるタフな舞台で、東京ダービーも制した事からこの馬の力は十分に通用するはず。ローテーションも叩き2戦目の絶好のローテーション。意地を見せるか。

東京大賞典 予想 【連下△ ケイティブレイブ】

最後はケイティブレイブ。出遅れた帝王賞でまさかの後方一気を決めたが、本来は先行して一脚使うのが持ち味。同型が多いダート戦では取りこぼしも多くはなるが、今回のようにスロー濃厚なメンバー構成なら馬券圏内は高確率。鞍上の福永騎手とも息がぴったり合っており、大井2000mは今年2戦で1勝2着1回と得意。ここも安定勢力として力を発揮する。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

東京大賞典 2017 [馬券考察]

  • 本命◎:10インカンテーション
  • 対抗○:13コパノリッキー
  • 単穴▲: 8ヒガシウィルウィン
  • 連下△:12ケイティブレイブ

馬券は3連単。馬番8.10.12.13のBOX、計24点で勝負!

[東京大賞典:2017/12/29(金)-大井競馬 第10R-16時30分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA