ホープフルステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

ホープフルステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri3

2歳王者へ向けて絶好の仕上がりを見せたのはこの馬

ホープフルステークスは今年からGIへ昇格しその初代王者を狙って18頭がエントリー。各馬が年末の大一番へ向けて最終調整を終えてスタンバイ。果たして絶好の追い切りを消化してメイチの状態でこのレースに臨み勝利を手にするのはどの馬なのか?各馬の追い切りの動きをしっかりとチェックしておきましょう。

ホープフルステークス 2017 [追い切り診断]

ホープフルS 2017 /ジャンダルム

ジャンダルム
栗東坂路 52.5 37.9 24.5 12.1 一杯
調教評価 A 2週続けて自己ベストをマーク

木曜開催という変則日程でも日曜に目一杯に追われて52.5をマークして自己ベストタイムをマークして終いまで鋭く伸びる絶好の動きを披露。1週前にはCWコースで81.4 65.0 50.2 37.2 12.3と2歳馬離れした時計をマーク。当然の自己ベストタイムを更新してきておりこれだけ動けて体調が悪いということはあり得ないといったところ。状態面は現時点での最高潮と判断して良さそうですが、やはり気になるのは距離ということになるでしょう。ただ、陣営はマイルの朝日杯FSではなくこちらを選択して狙ってくるのですから極度に心配する必要もないのかもしれません。武豊騎手の手腕、連続GI制覇に期待してみる手も大いにアリと言えるでしょう。

ホープフルS 2017 /シャルルマーニュ

シャルルマーニュ
栗東坂路 58.5 42.0 26.3 12.3 馬なり
調教評価 A 併せ馬でキタサンブラックに先着

直前の追い切りは坂路で終いだけ手応えを確かめる程度の内容とはなりましたが、その終いにきっちりと反応を示して鋭い伸びを見せており、1週前には有馬記念を制したキタサンブラックとの併せ馬で先着する動きを見せており、好状態にあることを印象付けるところとなりました。これまで5戦して馬券圏内を外していない安定した走りを評価してこの仕上がりであればホープフルSでも好走を期待できると言えるのではないでしょうか。

ホープフルS 2017 /サンリヴァル

サンリヴァル
栗東CW 85.9 68.6 53.2 38.5 11.8 一杯 併せ併入
調教評価 A 終いの伸び良し久々も好仕上がり

コースでの最終追い切りでは終いの伸びがとにかく目立ったサンリヴァル。長めから追っての好時計だけに瞬発力を感じさせるものであり、9月の芙蓉ステークス以来の出走ではあっても仕上がりは良好と見てよさそう。これまでのレースを見れば持ち時計を大幅に詰めなければ勝ち負けは厳しいとも言えるかもしれませんが、中山2000mを経験しているのはプラスにもなるでしょうし、時計さえ詰めることに成功すればこの状態ならば好走を期待してみたいところではあります。

ホープフルS 2017 /タイムフライヤー

タイムフライヤー
栗東坂路 52.7 38.3 25.2 12.6 強め 併せ併入
調教評価 A 坂路で好タイムを連発し

8月のデビューから毎月1走ずつコンスタントに使われてきていますが、疲れを感じさせない活気のある動きを見せているタイムフライヤー。この中間は坂路で52秒台を3本計時して引き続きの好調をアピールしてきており力は出せる状態と判断して良いでしょう。京都2歳ステークスでは圧倒的な1番人気に支持されながらも武豊騎手騎乗のグレイルの徹底マークにあって2着敗退という結果とはなりましたが、今回はそれを踏まえてCデムーロがこの馬をどう導くのかに注目してみたいところです。

ホープフルS 2017 /

調教評価 A 1週前には坂路で自己ベスト更新し

フラットレー 美浦南W 69.7 53.2 39.6 13.8 馬なり 併せ併入

藤沢厩舎所属馬だけに終始軽めの調整で淡々と乗り込まれてきており、最終追い切りも藤沢厩舎らしい3頭併せで時計は目立つところはありませんでしたが、余裕たっぷりにリラックスして走れているだけに前走5着のダメージは感じられないところ。1週前にはルメール騎手騎乗で坂路53秒台をマークして自己ベストタイムを更新してきているあたり、デビュー3戦目で最も良好な状態に仕上がっていると見たいところ。昨年のレイデオロに続いての藤沢厩舎のホープフルステークス連勝に期待のもてる状態にあると言えそうです。

tohyoken_01

ホープフルS 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、新馬戦を勝ったばかりの2頭、ステイフーリッシュトラインの2頭はレースを一度使ったことで稽古の動きも更に良化をたどっているだけにいきなりのGI挑戦とはなりますが、上積みを感じるという点からはB評価をつけておきたいところ。後は2戦2勝のジュンヴァルロも前走同様のキビキビした動きは上積みは感じられないものの校長持続は間違いないだけにB評価は必要といったところではないでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA