ターコイズステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

ターコイズステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri3

波乱の牝馬限定ハンデ重賞を制するのは状態絶好のこの馬!

今週の中山競馬場での注目レース、ターコイズステークスへ向けて出走各馬が最終追い切りを終えて態勢を整えてきています。牝馬限定のハンデ重賞というだけで波乱の予感がしますが、舞台がトリッキーな中山マイルということで更に波乱を助長しそうな感がありますが、今年注目を集めるラビットランは果たして人気に応えることができるのでしょうか?追い切りの動きから状態が絶好であると思われる馬をピックアップして高配当を狙ってみましょう。

ターコイズステークス 2017 [追い切り診断]

ターコイズS 2017 /エテルナミノル

エテルナミノル
栗東CW 82.7 66.3 51.4 38.2 12.5 馬なり 併せ併入
調教評価 A 叩き3戦目、絶好の状態に仕上がる

最終追い切りも負荷をかけられることはありませんでしたが、自らしっかりと走って併入フィニッシュ。時計も良好で1週前にはCWコースで80.4 64.8 50.9 38.4 13.0と自己ベストの時計をマークしており、これが休み明け3戦目となりますが、きっちりと仕上がった感が非常に強い動きとなりました。前走エリザベス女王杯では11着に敗れはしましたが、今年はクイーンSと阪神牝馬Sで5着に好走してきているだけにハンデ戦のここは流れ一つでチャンスも生まれてきそうで、この状態ならば楽しみにしてみたい1戦となるのではないでしょうか。

ターコイズS 2017 /ミスパンテール

ミスパンテール
栗東坂路 55.4 39.4 25.4 12.7 馬なり
調教評価 A コースで好時計をマークし注目

前走の清水ステークスで叩き合いを制してオープン入りを果たした3歳馬ミスパンテールですが春にはチューリップ賞でソウルスターリングの2着に入っており力のあるところを示していた馬。その前走から調教の動きも変わってきて速い時計が出るようになってきたのは馬に走る気が出てきたということでしょうか。1週前にはCWコースで78.1 64.3 50.4 38.0 12.7という破格の時計を計時して当然これが自己ベストを更新する時計となりました。状態は前走以上と見てよく、素質馬が一気にここでその力を開花させる可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか。

ターコイズS 2017 /ラビットラン

ラビットラン
栗東坂路 54.5 39.2 25.5 12.7 馬なり
調教評価 A 終いの伸び良く力は出せる仕上がり

今回のターコイズSで一番人気が予想されるラビットランはいつも通りに坂路とコースを併用した調整を進められてきました。全体的な時計を見ると前走の秋華賞時の方が目立った時計を出していましたが、休み明けを2度使ってもう身体は出来ているということなのかこの中間は終い重点の調整内容。そんな中で1週前にはラスト12.2と鋭く反応を示しているように状態面は引き続き良好と見てよいのではないでしょうか。初の中山コースとなる点や関東圏への輸送がどうかという不安もありますが、メンバーを見渡せばこの秋最も充実したシーズンを送っている馬だけにトップハンデでも仕上がり良好で注目の存在となることでしょう。

ターコイズS 2017 /リエノテソーロ

リエノテソーロ
美浦南W 67.7 52.6 39.1 13.2 馬なり
調教評価 A 中山マイルで改めて見直したい出来

今年のNHKマイルカップで2着と好走していますが、この秋はダートのオーバルスプリントで5着、芝の信越Sで7着と一押し足りない競馬が続いています。ただ何れも古馬牡馬相手でのレースでそこまで大きく負けていないとなれば牝馬限定戦で改めて見直してみたいところはあります。状態的にも1週前には自己ベストとなる南Wコースで66.6 51.7 37.8 13.1をマークしており、前2戦と比較しても動きが良くなっていることが感じられる動きを見せています。トップハンデを背負いはしますが、条件は好転とも言えるだけにここでの巻き返しに期待できる仕上がりにあると言えそうです。

ターコイズS 2017 /アスカビレン

アスカビレン
栗東坂路 52.4 37.9 24.7 12.7 一杯
調教評価 A この秋一番の状態で引退レースに臨む

これが引退レースとなるアスカビレン。今年は六甲ステークスを牡馬相手に制しており、力のある牝馬であることは間違いないのですが重賞では4着が最高という戦績だけに引退レースで待望の重賞タイトル獲得なるかには注目が集まるところです。追い切りの動き的には春先に見せていた坂路51秒台までとはいかないものの、52.4をマークしてこの秋3戦の中では一番の時計が出ており、引退レースへ向けて悔いの残らない仕上がりで臨んでくると判断していいのではないでしょうか。後は展開の味方さえあれば好走も十分に可能でしょう。

tohyoken_01

ターコイズS 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、血統的にも先週の阪神JFで1番人気に支持されたロックディスタウンの姉ということで注目を浴びるワンブレスアウェイは前走以上の仕上がりで雰囲気も悪くないだけにB評価はつけておきたいところ。後は、今年のヴィクトリアマイルで2着に好走しているデンコウアンジュも引き続き好調をキープしていると判断していい動きを見せているだけにB評価は必要なところではないでしょうか。

それでは今週はこのターコイズステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA