有馬記念 2017 出走予定馬 予想 |キタサンブラックなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

有馬記念 2017 出走予定馬 予想 |キタサンブラックなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/12/24開催「有馬記念(GI)」に向けて、キタサンブラック・シュヴァルグランなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

有馬記念 2017 [1週前出走予定馬]

  • カレンミロティック/セン9/平田厩舎・栗東
  • キタサンブラック/牡5/清水久厩舎・栗東
  • クイーンズリング/牝5/吉村厩舎・栗東
  • サウンズオブアース/牡6/藤岡健厩舎・栗東
  • サクラアンプルール/牡6/金成厩舎・美浦
  • サトノクラウン/牡5/堀厩舎・美浦
  • サトノクロニクル/牡3/池江寿厩舎・栗東
  • シャケトラ/牡4/角居厩舎・栗東
  • シュヴァルグラン/牡5/友道厩舎・栗東
  • スワーヴリチャード/牡3/庄野厩舎・栗東
  • トーセンビクトリー/牝5/角居厩舎・栗東
  • ブレスジャーニー/牡3/佐々木晶厩舎・栗東
  • ミッキークイーン/牝5/池江寿厩舎・栗東
  • ヤマカツエース/牡5/池添兼厩舎・栗東
  • ルージュバック/牝5/大竹厩舎・美浦
  • レインボーライン/牡4/浅見厩舎・栗東

■2017/12/12現在

有馬記念 2017 [注目馬考察]

有馬記念 出走予定馬 /キタサンブラック

稀代の名馬も今回がラストラン。前走のジャパンカップは落鉄云々も言われているが、一番の敗因は極悪馬場の天皇賞秋を走ったことによる疲労。直前の稽古が極めて軽かったことが何よりの証拠だろう。語弊があるかもしれないが、今回は次を考えずに渾身の仕上げで臨める一戦。他の有力馬が、軒並み広いコース向きというのもこの馬にとって何よりの追い風。ファン投票1位の期待に応えて、最後の花道を飾る。

有馬記念 出走予定馬 /シュヴァルグラン

ジャパンカップ1着は自身のコース適性と、天皇賞秋組の凡走が噛み合った印象だが、それでもレース振りは実に堂々としたものだった。姉ヴィルシーナ、妹ヴィブロスに続くGI制覇で、改めて母ハルーワスウィートの偉大が浮き彫りになったと言えるだろう。3角手前から追い上げる形となった昨年6着を見ても、やはり小回りコースは不得手。今年も前半の位置取り、レース運びが鍵を握りそうだ。

有馬記念 出走予定馬 /ヤマカツエース

重賞5勝の実績。昨年の有馬記念4着、今春の大阪杯でも0秒2差3着と、GIでも十分通用の力は示している。今週は2戦とも凡走だが、馬場などもあった。元々が冬に調子を上げてくるタイプであり、重賞4勝は11~3月の厳冬期に挙げたもの。最高の形で4着だった昨年からの上積みは難しいところだが、相手強化の感はなし。昨年だけ走れば馬券内まであっても。

有馬記念 2017 [今後の動向]

注目はやはりキタサンブラック。競馬界のみならず、競馬を知らない層にも名前が知れ渡っていた稀代の名馬。最後の花道を飾ることができれば、これ以上の祭りはないだろう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA