名古屋グランプリ 2017 予想 / 地方最強馬カツゲキキトキトを本命に! | 本気競馬

名古屋グランプリ 2017 予想 / 地方最強馬カツゲキキトキトを本命に!

yosou_chihou

2017/12/14(木)開催 名古屋11R 名古屋グランプリ(JpnII)
3歳以上オープン ダート 2500m(右) 別定戦

名古屋グランプリ 2017 [予想印]

内枠3番に入ったクリノスターオーの出方次第でペースが決まりそうな名古屋グランプリ。先行馬が少ないメンバー構成となった。交流ダートグレードレースで中央馬優勢の図式になりそうだが、ここ名古屋には地元の強豪・カツゲキキトキトが控えている。今年の白山大賞典でもインカンテーションの2着を確保しており、現役地方最強馬と言っても過言の無い実績馬。この強い地方馬を前に中央馬が楽走するのは簡単な話ではない。2500mの距離とあわせて混戦模様の一戦。

名古屋グランプリ 予想 【本命◎ カツゲキキトキト】

本命はカツゲキキトキト。父は連勝で期待されたスパイキュールという馬だが、あまり競馬を使えず、素質を買われて種牡馬になった経緯がある。だが、産駒の数は多くは無く、決して注目度は高くない。そんな中で父の名声を高めたのがこのカツゲキキトキトだったが、1400mから2500mまで、どんな条件のダート戦でも必ず力を発揮してきた。急激な成長力と類まれな勝負根性、それに加えて520kgを超える恵まれた馬格を持つ馬。地方最強馬が簡単には地元の一戦を譲らない。

名古屋グランプリ 予想 【対抗○ クリノスターオー】

対抗はクリノスターオー。前走・浦和記念で離された5着だったが、2走前の白山大賞典ではカツゲキキトキトとコンマ1秒差の3着だった。前に行ければ持ち味の粘り腰で執拗に粘るのだが、これができないといともあっさり引き下がってしまうムラッ気がある。今回は内枠3番で行く馬が居ないメンバー構成で、幸騎手がこの状況を生かさないとは思えない。ダートで定評のある騎手だけにこの条件では要警戒。

名古屋グランプリ 予想 【単穴▲ タガノディグオ】

3番手はタガノディグオ。現在3歳馬であり、出走馬中最も若いダート中距離路線の期待馬だ。中央の重賞では力不足を露呈しているが、地方のダートは得意にしていて、ジャパンダートダービーも3着に踏ん張った。小回りと深いダートがこの馬にとっては理想のようで、この点を考慮しての3番手評価とした。力の要る冬のダートがこの馬に力を与えるはず。

名古屋グランプリ 予想 【連下△ アサクサポイント】

最後はアサクサポイント。これまで名古屋の舞台で2-1-1-0の活躍をしているが、今回と同舞台のオグリキャップ記念では、カツゲキキトキトに1馬身半差に迫る2着としている。舞台設定的に、この馬にこれ以上ないといった得意舞台で、9歳のセン馬で注目度は高くないが先行脚質を合わせて見限れない存在。鞍上には名手・岡部誠騎手で大穴の一発に警戒。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

名古屋グランプリ 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 5カツゲキキトキト
  • 対抗○: 3クリノスターオー
  • 単穴▲: 9タガノディグオ
  • 連下△:10アサクサポイント

馬券は馬複。馬番3.5.9.10のBOX、計6点で勝負!

[名古屋グランプリ:2017/12/14(木)-名古屋競馬 第11R-15時45分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA