【朝日杯フューチュリティステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】2歳マイル王決定戦! | 本気競馬

【朝日杯フューチュリティステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】2歳マイル王決定戦!

cyumou_02

2歳のマイル王者を決する1戦を制するスピード自慢の馬はどの馬か?

朝日杯フューチュリティステークスは昨年までは2歳王者を決する1戦でしたが、今年から中山2000mのホープフルステークスがGIに格上げとなったために2歳のマイル王者を決定する1戦という位置づけになったと言っても良いでしょう。勿論、来年のクラシック候補誕生の可能性も十分にありますが、クラシックを見据える各馬はホープフルステークスに回るでしょうし、まず今回の出走予定馬から注目すべきは距離適性ということになるのではないでしょうか。予想オッズも含めてチェックしていきたいと思います。

朝日杯フューチュリティステークス 2017 [予想される出走予定馬]

朝日杯FS 2017/タワーオブロンドン

距離克服ならばルメール騎乗でGI制覇可能

タワーオブロンドンは昨年の朝日杯FSを制したサトノアレスに続けとばかりの藤沢厩舎が関東から送り出すのがこの馬。4戦3勝で前走は京王杯2歳ステークスを完勝という内容だけに注目も集めるでしょうが今回の課題はなんといっても1600mの距離。唯一の敗戦となったクローバー賞時にはルメール騎手が敗因を距離に求めていただけに、今回マイルを克服できるかが最大の課題となってくるでしょう。そこさえ問題ないならばここでも好勝負は十分に可能な1頭と評してよいでしょう。

朝日杯FS 2017/ダノンプレミアム

大舞台で輝く血統がここで本領発揮

ダノンプレミアムは2戦2勝、いずれも先行して抜け出す教科書通りの鮮やかな勝ち振りで素質の高さを見せつけてきました。満を持してのGI挑戦ということになりますが、血統的には2000mのホープフルSでも良さそうですが、こちらの方が勝機ありということでの参戦でしょうし、現時点での完成度からすればこの馬が最有力の1頭と見てもいいかもしれません。大一番で強いディープインパクトの血が騒ぐといったところではないでしょうか。ここも正攻法の競馬で真っ向勝負から勝機を導き出すのではないでしょうか。鞍上の川田騎手は先週の阪神JFで2着と悔しい思いをしているだけにここでなんとかタイトルをと力の入るところでしょうし併せて期待してみたいところではあります。

朝日杯FS 2017/ステルヴィオ

父に初GI制覇を届けることができるか

ステルヴィオはロードカナロア産駒。先週の阪神JFでオルフェーヴル産駒がGI初制覇を遂げたのに続けとばかりに今週はロードカナロア産駒のステルヴィオが父に初GI制覇をプレゼントできるかに注目が集まります。前走のサウジアラビアRCは1番人気に支持されながらも末脚届かずダノンプレミアムの2着に屈しましたが、外枠からロスの多い競馬が敗因であったと言え、その爆発的な末脚は印象に残るものでしたし、今回好枠を引ければダノンプレミアムとの逆転の可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか。

朝日杯FS 2017/フロンティア

その素質はここでも謙遜なし

フロンティアは新潟2歳ステークスを先行して上がり32.9という速い時計で勝利しましたが、休み明けとなったデイリー杯2歳Sでも人気となりましたが、道中で故障発生した馬を避けるのに手綱を大きく引いてバランスを崩す場面もありリズムを乱したのが大きなロスとなっているだけに目を瞑ってもいい競馬。改めて見直す必要のある1頭と言えるでしょう。休み明けを叩いて2戦目ということで馬体の上積みも期待できますし、今回はスムーズに運ぶことができればチャンスは十分にあると言えるのではないでしょうか。

朝日杯FS 2017/ダノンスマッシュ

1戦毎にレース振り良化は魅力

ダノンスマッシュは未勝利戦・ききょうSと連勝で臨んでくるだけにその勢いには注意が必要と言えるでしょうが、未だにマイルは未経験で距離の不安もありそうですが、1戦毎にレースを覚えて強さが増してきている感がある1頭。デビュー戦は暴走気味に飛ばして失速しましたが、その後の2戦で福永騎手がレースをしっかりと教えて抑える競馬ができるようになっているのは一番の収穫。ここも折り合って運べればマイルはこなせるはずであり、ステルヴィオと同じロードカナロア産駒ということならば父に初GIのタイトルをプレゼントするのはひょっとするとこちらの馬かもしれません。

朝日杯FS 2017/予想オッズから見る他の人気馬

他には前走で人気を裏切る形で敗退したもののまだまだその素質を見限ることのできないケイアイノーテックであったり、夏の重賞を制しているカシアスアサクサゲンキとてともに京王杯2歳ステークスで2・3着と好走してきているだけに休み明けを叩いて2戦目の上積みで逆転の目はなきにしもあらず。距離の不安もありそうですが克服ならば怖い存在となってくるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA