カペラステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

カペラステークス2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri2_1

ダート1200mで中央馬VS地方馬の意地がぶつかり合う!

今年のカペラステークスは地方へ移籍したブルドッグボスに対してサイタスリーレッドをはじめとした中央馬が迎え撃つ構図。抜けた存在は不在で例年通りに波乱の予感も漂う混戦模様となっていますが、こういった混戦で抜け出すにはやはり状態は良好であることが絶対条件。その追い切りの動きは要チェックと言えるでしょう。

カペラステークス 2017 [追い切り診断]

カペラS 2017 /コーリンベリー

コーリンベリー
美浦南D 66.9 51.4 37.6 12.1 馬なり 併せ先着
調教評価 A コース自己ベストタイム更新で背水の陣

1昨年のJBCスプリントの勝ち馬が今年は3戦して掲示板にも載れていない現状は年齢的な衰えという声も聞こえてきますが、連敗続きでマークが緩くなりそうな今回こそが警戒が必要と言えそう。揉まれず自分の形ならばとにかく渋太い馬で昨年のカペラステークスも3着と好走しているコーリンベリー。状態面も最終追い切りでも終い重点の追い切りでも鋭い脚を見せており、1週前には自己ベストとなる5F61.0という速い時計をマーク。陣営もここでなんとか結果を残したいとばかりの熱のこもった調整をしてきているだけに、この背水の陣とも言える状況でのこの仕上がりは要警戒と言えるでしょう。

カペラS 2017 /グレイスフルリープ

グレイスフルリープ
栗東CW 87.9 71.0 55.0 40.3 12.0 馬なり 併せ先着
調教評価 A 韓国戦勝利の勢いで中央重賞制覇へ

前走は韓国のコリアスプリントに挑戦して見事に勝利を収めたグレイスフルリープ。帰国後の調整もうまくいっているのか、1週前には坂路で51.4とこの馬にとっては自己ベストに近い時計をマークしており、久々にコースで追われた最終追い切りでも終いだけ仕掛けられると鋭く反応を示して併せ馬先着と順調な仕上がりを見せています。昨年3月以来、中央場所では勝利がなく、中山コースも7歳にして始めてということもありコース適性という面に不安は残すところではありますが、前走を勝利した勢いでその安定感を取り戻す可能性もあり、状態面も良さそうなだけにマークは必要となってくるでしょう。

カペラS 2017 /サイタスリーレッド

サイタスリーレッド
栗東坂路 52.3 38.3 25.1 12.5 一杯
調教評価 A 前走大敗のダメージを感じさせない動き

前走の室町ステークスを大敗して精神的ダメージも気になるところではありますが、稽古の動きを見れば坂路で軽快な動きを見せており、1週前にもしっかりと負荷をかけて好タイムをマークして反応も上々とくればダメージはないと判断していたいところです。揉まれず自分の競馬ができれば2走前まで見せていた強い競馬を取り戻してくる可能性はあるだけにここもいかに自分のリズムで競馬ができるかが鍵となってきそうですが、状態面からは不安なしという判断ができそうです。

カペラS 2017 /ブルミラコロ

ブルミラコロ
栗東坂路 51.5 37.8 25.4 13.1 馬なり
調教評価 A 相変わらず坂路での動きは良

時計だけみれば馬場状態も考慮するとかなり速い時計が出ていますが、いい時は坂路で50秒台を切る時計もマークする稽古駆けする馬だけにこの時計でも驚く事はないといったところでしょうか。それでもやはりこの中間も坂路で目を引く動きを見せており、ここ2戦でダート1200mを走って2着1着と安定した成績を残しているあたり、この距離への適性は高いと見るのが妥当であり、しっかりと乗り込まれて状態も良好ならばここでも好走を期待してみたい1頭となることは間違いのないところでしょう。

カペラS 2017 /スノードラゴン

スノードラゴン
美浦坂路 53.9 39.1 25.0 12.3 G前追う
調教評価 A 9歳馬とは思えない活気のある動き

9歳馬とは思えない坂路での元気一杯の走りを引き続き見せているスノードラゴン。年齢的に考えてもさすがに大きな上積みは期待できそうにはありませんが、これだけ動けているならばその末脚を今回も堅実に繰り出してくることは期待できそうな状態であると判断できそうです。要は展開が向くかどうかにかかっており、末脚の活きる展開になってくれば真っ白な馬体が中山コースの急坂を豪快に駆け上がってくる姿が見られるかもしれません。

tohyoken_01

カペラS 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのはキクノストームでしょうか。2年前のカペラステークスの勝ち馬ではありますが、休み明け叩き3戦目でこの馬なりに良化はたどっており、稽古の時計自体は目立たないものの仕上がりは良好と見てB評価はつけておきたいところ。後は人気になりそうなノボバカラですが1週前の追い切りまでは良好な動きを見せていましたが直前の追い切りがいかにも軽めなのが気がかり。逃げても最後に息切れしてしまうことも危惧されてしまうだけにここはつけてもB評価でしょうか。人気になりそうなブルドッグボスは浦和競馬場での追い切りで併せ馬で軽々先着して、動きも良好に映りますが地方所属馬で判断・比較材料が乏しいために評価なしということにします。

それでは今週はこのカペラステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA