CBC賞2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

CBC賞2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri

波乱のスプリント重賞で狙うべきは好追い切り消化の好状態馬!

CBC賞は平穏か?波乱か?という両極端な結果の出る重賞ですが今年は波乱か?順当か?メラグラーナやシャイニングレイといった人気馬から人気薄が予想される軽ハンデ馬まで、好追いきりを消化した5頭の注目馬をしっかりとピックアップして予想的中へ繋げましょう!

CBC賞2017[追い切り診断]

CBC賞2017/アクティブミノル

追い切り評価 S 坂路で絶好の動きを見せる

アクティブミノル 栗東坂路 50.4 36.1 23.5 11.6 一杯

昨年の高松宮記念4着と好走しているアクティブミノルですが、今年に入っての2戦は不調に終わっています。が、今回のこの追い切りを見れば休み明け3戦目で一変気配。時計を見れば解るように当日の馬場を考慮すれば破格の50秒台をマークし、終いも11秒台と絶好の動きを見せており、漸くこの馬らしいスピード感が戻ってきているといったところでしょうか。G2セントウルSを勝っていてもハンデ56kg止まりは御の字でありCBC賞での一発に期待してみる手は十分にあると言えるのではないでしょうか。

CBC賞2017/エイシンスパルタン

追い切り評価 S 坂路自己ベストタイム更新でいきなりから

エイシンスパルタン 栗東坂路 52.2 38.1 25.0 12.6 一杯

直前の追い切りでも52秒台の時計が出ていれば力は出し切れると判断して良さそう。何より1週前の追い切りで50秒を切る49.8をマークしこれが自己ベストタイム。昨年の秋は重賞制覇まであと一歩のところまで来ていたエイシンスパルタンですが、休み明けとなる今回でもいきなりから注目する必要があると言えるのではないでしょうか。実際に鉄砲駆けにも実績があるだけにこの動きならば頭から狙ってみたくもなるものです。

CBC賞2017/セカンドテーブル

追い切り評価 A 相変わらず稽古では目立つ動きを披露して

セカンドテーブル 栗東CW 83.1 67.0 51.6 37.9 11.4 一杯

年明け2戦を消化しましたがともに結果は出ていないセカンドテーブル。それでも着差ほど負けていないのも事実で、これは流れ一つで一気に巻き返してもおかしくない状況であると言えるのではないでしょうか。今回の最終追い切りも終いまでしっかりと駆けて好タイムをマークしているように状態は引き続き良好でもあるだけに、注目しておく必要のある1頭であると強く言えるのではないでしょうか。

CBC賞2017/タイムトリップ

追い切り評価 A 久々の好タイムマークで警戒必要

タイムトリップ 美浦南W 66.5 52.4 37.9 12.6 馬なり

3歳馬のタイムトリップですが、直前の追い切りでも軽快な動きを見せていましたが、圧巻であったのは1週前のコースでの追い切り内容。時計も5F63秒台と優秀なものでしたがその動きもスピード感十分でこの稽古の動きがレースに直結すれば楽しみな1頭となりそうです。実際これだけ動けたのは昨年の1200mのオープン特別カンナSで1着して以来となるだけに、この距離での軽ハンデでの一発に期待してみたいところではあります。

CBC賞2017/ティーハーフ

追い切り評価 A 終いの伸びは良好で末脚活かす

ティーハーフ 栗東坂路 51.6 37.5 24.8 12.4 一杯 併せ併入

坂路でいつも好タイムを出す馬ではありますが、今回は終いまで集中してしっかりと駆けていた点を評価しておきたいもの。ここ数戦で上向き加減で成績も良化してきていますが、今回あたり、展開さえ嵌れば勝ちきってもおかしくない力をもち、実績も備えている馬。中京コースとも相性も良好であると考えれば、ここは少なくとも抑えが必要な1頭と評価してよさそうです。

tohyoken_01

CBC賞2017/追い切りから見る他の注目馬

他にもシャイニングレイメイソンジュニアといったあたりは活気のある動きを見せているだけにB評価は必要でしょう。他上記の馬と比較すると上積みという面で劣るというところでのB評価なだけに軽視は禁物です。逆に人気になりそうなメラグラーナに関しては休み明けで乗り込み本数が不足気味。これは多少なりとも割引が必要ということでB評価とC評価の境目くらいの評価としておきます。あっても抑えまでというところでしょうか。

CBC賞2017[馬券のポイント]

ハンデ重賞でフルゲートということもあれば、軸馬を絞って手広く相手に流していくという馬券戦略がマッチしてきそうですが、あれもこれもと買い目を広げていては馬券妙味に欠いてしまい、最悪的中してもトリガミという結果になってしまうだけに、ここは的確に少点数で馬券を的中させるテクニックが求められる1戦となるのではないでしょうか。

keibajo_02

それでは今週はこのCBC賞で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA