【ラジオNIKKEI賞2017予想/オッズ/出走予定馬】西の素質馬VS東の伏兵! | 本気競馬

【ラジオNIKKEI賞2017予想/オッズ/出走予定馬】西の素質馬VS東の伏兵!

cyumou_02

夏の福島開幕週は3歳馬によるハンデ重賞

いよいよ夏の福島競馬が開幕しますが、その開幕週といえば3歳馬によるハンデ重賞ラジオNIKKEI賞が発走となります。ここ数年は低評価の伏兵馬が馬券に絡んで波乱という傾向もあるだけに、出走予定馬と併せて予想オッズもしっかりとチェックしておく必要があるでしょう!

ラジオNIKKEI賞2017[予想される出走予定馬]

ラジオNIKKEI賞2017/サトノクロニクル

ダービー除外の悔しさはここにぶつける

サトノクロニクルはダービー出走を狙って出走した京都新聞杯で2着。賞金不足でダービー出走は叶わなかった1頭。それでも出走した白百合ステークスを快勝し、残念ダービーと過去には言われたこの重賞でまずは重賞タイトルを手にすべく遠征競馬を仕掛けてきます。これまでキャリア5戦は2勝2着3回と連対率パーフェクト。その安定感からここでも大きく崩れることは想定しにくい1頭ではあります。陣営は秋に大きなところを狙うためにもここはしっかりと勝っておきたいレースと位置づけているようですが1番人気に支持されることは濃厚で結果を求められる1戦となりそうです。小回りコースでも今まで通りしっかりと中団より前目の位置から差す競馬ができれば結果はついてきそうな感はあります。

ラジオNIKKEI賞2017/クリアザトラック

良血馬が重賞制覇へ虎視眈々

クリアザトラックはこれまでの重賞挑戦は2歳時の阪神JFと2走前の毎日杯。いずれも人気を背負いながら結果を残せずにいますが、カミノタサハラ・マウントシャスタという活躍馬を兄にもつ良血馬が、重賞初制覇なるかに注目が集まります。前走江の島特別では古馬相手でも1番人気に応えて快勝しており、ここも先行しての抜け出しで勝利を狙います。登録頭数14頭というところからも多頭数にはならない見込みなのもこれまで少頭数の競馬が多いこの馬にとっては歓迎材料とも言えそうで、あとは自分の競馬ができるかどうかといったところではないでしょうか。

ラジオNIKKEI賞2017/マイネルスフェーン

強豪と戦った経験を糧に

マイネルスフェーンは青葉賞・ダービーとともに大敗を喫しましたが、その前の京成杯で3着、ホープフルSで2着と重賞でも実績のある馬。ここ2戦はクラシックの一戦級との対戦であったことを考えればここはかなりメンバーは楽になると言ってもよく巻き返しに期待のかかる1戦となるでしょう。ここ2走からはなかなか手のつけられない馬ではありますが、3.4走前を見直すならば混戦の差し脚勝負にでもなった際にこれまでの経験が活きての食い込みには十分に警戒しておきたい1頭となりそうです。

ラジオNIKKEI賞2017/セダブリランテス

2戦2勝と負けなしで臨む一戦

セダブリランテスはデビュー戦こそダートでの勝利でしたが、休養を経ての前走は初芝の一戦を味のある競馬で見事勝利を収めました。2戦2勝と負け知らずなだけにまだまだ伸びしろがあると考えればここでも警戒したい1頭ではありますが、一気の相手強化になるだけにどこまでやれるかここが試金石の1戦となるのではないでしょうか。ただ休み明け・初芝という条件さえあっさりクリアしてきている馬で上積みは十分ということならば3連勝で重賞初制覇を決めて、秋へ向けての注目の1頭となる可能性も十分にあるのではないでしょうか。

ラジオNIKKEI賞2017/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも牝馬限定戦ながら重賞勝ちのあるライジングリーズンであったり、メンバー中唯一の福島コース経験馬でもあるロードリベラル、2連勝中の勢いは侮れないバルベーラをはじめダートから芝に転向して2戦目で結果を残した安定感のある走りが売りのビービーガウディなど伏兵陣も多彩。今年も2桁人気馬が思いもよらない激走を見せる可能性は十分にあると見ていいのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは今週末もバンバン馬券を的中させてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA