宝塚記念2017データ分析予想/キタサンブラックが負ける傾向とは? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

宝塚記念2017データ分析予想/キタサンブラックが負ける傾向とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

jyusyodate_g1

スポンサーリンク

第58回 宝塚記念(G1)2017

2017/6/25(日)阪神競馬場では、上半期を締めくくるグランプリレース・第58回 宝塚記念(芝2200m)が行なわれます。今年から大阪杯がGIへと格上げされたことに伴い、大阪杯→天皇賞・春→宝塚記念の3レースを制した馬には報奨金が支払われるようになりましたが、いきなりそのチャンスを掴んだのが「現役最強馬」キタサンブラック。ここは昨年小差で3着と涙を飲んだ舞台だけに、期する思いもあることでしょう。王者の牙城を崩すのは困難?かもしれませんが、過去には幾度となく波乱が演出されてきた一戦。昨年も当時の最強馬・ドゥラメンテが、まさかの敗退を喫しただけに、可能性が全くのゼロとは言い難いところではあります。過去10年を振り返り、どのような傾向が隠れているのか?深く掘り下げて探っていきたいと思います。

宝塚記念2017データ分析予想

宝塚記念2017データ① 単勝人気馬の傾向

過去10年の宝塚記念における、単勝人気馬の成績を見てみると、1番人気は僅かに2勝だけ(12年オルフェーヴル/14年ゴールシップ)。2着は4回ありますから、あくまでも「連軸」といった評価が妥当なところで、2番人気も2勝4連対ですから、あまりアテにはできません。注目は、10年ナカヤマフェスタ(8番人気)、11年アーネストリー(6番人気)、15年ラブリーデイ(6番人気)、16年マリアライト(8番人気)と4頭の勝ち馬を送る、6番人気以下。

単勝人気 着順成績
単勝1番人気 2.4.2.2
単勝2番人気 2.2.1.5
単勝3番人気 1.1.2.6
単勝4番人気 0.0.1.9
単勝5番人気 1.1.0.8
単勝6番人気 2.0.1.7
単勝7番人気~ 2.2.3.84

宝塚記念2017データ② ステップレース別の傾向

主要ステップは、全部で4レース。まず最も多くの勝ち馬を送るのが天皇賞・春からの臨戦馬ですが、13・14年はゴールドシップの連覇ですから、実質的には3頭。ドリームジャーニーだけ除けば、すべて惨敗からの巻き返しですから、着順はそれほど気にする必要はありません。次いで3頭の勝ち馬を送るのが、鳴尾記念・金鯱賞組(時期が重なるため合算)。下図を見ても分かるように、こちらは天皇賞とは違い、惨敗からの巻き返しは皆無。今年の出走予定馬の前走を見てみると、天皇賞春が5頭で大阪杯が2頭。後はエプソムC、鳴尾記念、目黒記念、ヴィクトリアマイルから1頭ずつで、「天皇賞・春」組が中心となりそうです。

ステップレース 着順成績 過去の勝馬
天皇賞・春 4.3.2.32 09年:ドリームジャーニー(天皇賞3着)/12年:オルフェーヴル(天皇賞11着)/13年:ゴールドシップ(天皇賞7着)/14年:ゴールドシップ(天皇賞7着)
鳴尾記念/金鯱賞 3.3.3.21 08年:エイシンデピュティ(金鯱1着)/11年:アーネストリー(金鯱3着)/15年:ラブリーデイ(鳴尾1着)
目黒記念 1.0.1.17 16年:マリアライト(目黒2着)
ヴィクトリアマイル 0.2.2.6
エプソムカップ 0.0.0.2
大阪杯 0.0.0.5

宝塚記念2017データ③ 種牡馬別の傾向

種牡馬別の成績を見てみると、突出しているのがステイゴールド産駒で過去10年で5勝。今年はレインボーライン1頭だけですが、もちろん軽視は禁物でしょう。そして勝率ではステイゴールドに及ばないものの、複勝率231%を誇るのがディープインパクト産駒。3連系では無視できない存在です。キングカメハメハ産駒は1勝2連対。ハーツクライ産駒は、14年2着のカレンミロティックが目立つ程度で、マンハッタンカフェ産駒も12年3着ショウナンマイティが最高着順ですから、データ的にはあまり信用できません。スクリーンヒーロー、ディープスカイ産駒はこれまで出走なし。

種牡馬 着順成績 過去の勝馬産駒
ステイゴールド 5.0.0.7 09年:ドリームジャーニー/10年:ナカヤマフェスタ/12年:オルフェーヴル/13、14年:ゴールドシップ
ディープインパクト 1.2.3.11 16年:マリアライト
キングカメハメハ 1.2.0.13 15年:ラブリーデイ
ハーツクライ 0.1.0.10
マンハッタンカフェ 0.0.1.1

宝塚記念2017④ 距離実績別の傾向

過去10年、2200mの重賞勝ちがあった馬の成績は【5.4.2.28】。10年の半分に当たる5勝を挙げているわけですから、データとしては信頼に値するものと言えそうです。今年の出走予定馬では、キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウンの3頭が該当馬となっています。

宝塚記念2017データ⑤ 性齢別の傾向

性別では牡馬が9勝に対し、牝馬は16年のマリアライト1勝のみ。とはいえ、2~3着まで手を広げてみると、10・11年2着のブエナビスタ、13年3着ジェンティルドンナ、14年3着ヴィルシーナ、15年2着デニムアンドルビー、3着ショウナンパンドラ、16年1着マリアライトと馬券に絡む活躍を見せており、近4年はすべて3着以内。年齢別では、4~6歳の3世代から計10勝。高齢馬に活躍の目はなく、今年も中心はココから。

性別

性別 着順成績
牡馬 9.6.7.104
牝馬 1.3.3.11
せん馬 0.1.0.6

馬齢

馬齢 着順成績
4歳 4.3.6.37
5歳 4.5.2.31
6歳 2.2.2.22
7歳 0.0.0.15
8歳 0.0.0.12
9歳 0.0.0.0
10歳 0.0.0.1

宝塚記念2017データ⑦ 馬番順の傾向

枠の有利不利はそれほどない印象で、さらに今年はフルゲートでも11頭まで。不良馬場にでもなれば少しは変化があるかもしれませんが、あまり気にする必要はなさそうです。

馬番 着順成績
1番 0.0.2.8
2番 1.1.2.6
3番 0.0.2.8
4番 0.1.1.8
5番 0.1.1.8
6番 1.1.0.8
7番 0.1.0.9
8番 0.3.0.7
9番 2.1.0.7
10番 1.0.0.9
11番 2.0.2.6
12番 0.0.0.9
13番 0.0.0.8
14番 0.0.0.8
15番 0.0.0.5
16番 2.0.0.4
17番 1.1.0.1
18番 0.0.0.2

宝塚記念2017データ⑧ 所属別の傾向

所属馬別成績では、関東馬は僅かに2勝(10年ナカヤマフェスタ/16年マリアライト)だけですが、昨年は2着ドゥラメンテでワンツーフィニッシュ。あくまでも関西馬が優勢といったところでしょうか。

所属先 着順成績
美浦 2.1.0.27
栗東 8.9.10.92

宝塚記念/過去10年の成績

開催・馬場 馬番 馬名 斤量 騎手 厩舎 タイム着差 人気 前走 前走
着順
払い戻し
2007
馬場:稍
1 6 アドマイヤムーン 58 岩田 松田博 2.12.4 3 Qエリザベス2世C 3 単勝 670 馬単 3180
2 17 メイショウサムソン 58 石橋守 高橋成 1/2 2 天皇賞・春 1 枠連 700 3連複 2720
3 5 ポップロック 58 武豊 角居 2 4 目黒記念 1 馬連 1460 3連単 15570
2008
馬場:重
1 9 エイシンデピュティ 58 内田博 野元 2.15.3 5 金鯱賞 1 単勝 1130 馬単 3200
2 2 メイショウサムソン 58 武豊 高橋成 アタマ 1 天皇賞・春 2 枠連 880 3連複 10660
3 1 インティライミ 58 佐藤哲 佐々晶 クビ 11 金鯱賞 7 馬連 1080 3連単 55780
2009
馬場:良
1 9 ドリームジャーニー 58 池添 池江寿 2.11.3 2 天皇賞・春 3 単勝 710 馬単 5310
2 8 サクラメガワンダー 58 福永 友道 1 3/4 3 金鯱賞 1 枠連 1080 3連複 720
3 11 ディープスカイ 58 四位 クビ 1 安田記念 2 馬連 2630 3連単 10630
2010
馬場:稍
1 17 ナカヤマフェスタ 58 柴田善 二ノ宮 2.13.0 8 メトロポリタンS 1 単勝 3780 馬単 16990
2 8 ブエナビスタ 58 横山典 松田博 1/2 1 ヴィクトリアマイル 1 枠連 780 3連複 7920
3 2 アーネストリー 58 佐藤哲 佐々晶 1/2 3 金鯱賞 1 馬連 5150 3連単 77160
2011
馬場:良
1 2 アーネストリー 58 佐藤哲 佐々晶 R2.10.1 6 金鯱賞 3 単勝 1360 馬単 4740
2 8 ブエナビスタ 56 安田 松田博 1 1/2 1 ヴィクトリアマイル 2 枠連 970 3連複 2020
3 4 エイシンフラッシュ 58 安藤勝 藤原英 ハナ 3 天皇賞・春 2 馬連 1660 3連単 17480
2012
馬場:良
1 11 オルフェーヴル 58 池添 池江寿 2.10.9 1 天皇賞・春 11 単勝 320 馬単 1760
2 7 ルーラーシップ 58 ウィリアムズ 角居 2 2 Qエリザベス2世C 1 枠連 680 3連複 3230
3 2 ショウナンマイティ 58 浜中 梅田智 1 1/4 6 鳴尾記念 2 馬連 1010 3連単 11550
2013
馬場:良
1 10 ゴールドシップ 58 内田博 須貝尚 2.13.2 2 天皇賞・春 5 単勝 290 馬単 6180
2 4 ダノンバラード 58 川田 角居 3 1/2 5 鳴尾記念 3 枠連 2560 3連複 2910
3 11 ジェンティルドンナ 56 岩田 石坂 クビ 1 ドバイシーマクラシック 2 馬連 5150 3連単 23420
2014
馬場:良
1 11 ゴールドシップ 58 横山典 須貝尚 2.13.9 1 天皇賞・春 7 単勝 270 馬単 10210
2 5 カレンミロティック 58 池添 平田 3 9 鳴尾記念 4 枠連 660 3連複 57870
3 3 ヴィルシーナ 56 福永 友道 1 1/4 8 ヴィクトリアマイル 1 馬連 890 3連単 251440
2015
馬場:良
1 16 ラブリーデイ 58 川田 池江寿 2.14.4 6 鳴尾記念 1 単勝 1420 馬単 19250
2 6 デニムアンドルビー 56 浜中 角居 クビ 10 天皇賞・春 10 枠連 750 3連複 157770
3 1 ショウナンパンドラ 56 池添 高野 1 1/4 11 ヴィクトリアマイル 8 馬連 12900 3連単 528150
2016
馬場:稍
1 16 マリアライト 56 蛯名 久保田 2:12.8 8 目黒記念 2 単勝 2510 馬単 8460
2 9 ドゥラメンテ 58 Mデムーロ クビ 1 ドバイシーマC 2 枠連 1050 3連複 2800
3 3 キタサンブラック 58 武豊 清水 ハナ 2 天皇賞・春 1 馬連 2440 3連単 26250

majikeiba.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA