【エプソムカップ2017追い切り診断】追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

【エプソムカップ2017追い切り診断】追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

重賞初制覇を目論む新興勢力VS実績のある古豪

今年のエプソムカップを制するのは新鋭か古豪か、これから夏競馬を迎える中央競馬にあっては次の秋を見据えた1戦ともなるエプソムカップへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレーニングセンターで行われました。ここから夏の重賞戦線を狙う馬と、ここで秋まで休養と思惑はそれぞれに異なる馬同士のぶつかり合いだけに、その仕上がり具合も要チェックでしょう。そんなメンバーの中で追い切りの動きが絶好の5頭をピックアップしてみました。

エプソムカップ2017[追い切り診断]

エプソムカップ2017/タイセイサミット

調教評価 S 坂路自己ベストで状態はまさに絶好

タイセイサミット 栗東坂路 51.4 37.7 24.8 12.5 一杯 併せ先着

前哨戦ともいえるメイステークスを快勝して臨む1戦、昨年はクラシック戦線でもと期待された1頭がエプソムカップで待望の重賞制覇を虎視眈々と狙ってきています。直前の坂路での追い切りも動き・時計ともに文句なし、しっかりと負荷をかけられている点も好感でしたが、これが自身の坂路ベストタイムでもあり、まさにここ目標にしっかりと仕上がったといったところでしょうか。秋へ向けても賞金を加算させておきたい1戦でもあり3連勝での重賞制覇の可能性も十分と言えるのではないでしょうか。

エプソムカップ2017/アストラエンブレム

調教評価 A 坂路好タイム連発でこれは好調子間違いなしも・・・

アストラエンブレム 美浦坂路 51.9 38.5 25.6 13.0 馬なり 併せ先着

調教師が騎乗しての追い切りは小島茂厩舎ならばよくあることで、もはや気にすることはしないことにしましたが、最終追い切りに坂路コースを選択した点がどうか。過去にも4度最終追い切りで坂路を選択していますが、内3回が重賞。ともなればこれは厩舎的には勝負追いということになるのでしょうが、結果的には重賞で3.4.4着と獲り逃がす結果となっている点は気がかり。1週前には坂路で50.8をマークしてきているだけに状態は前走以上と見てよさそうですが、この追い切りパターン選択が果たしてどうなのかは気になるところです。

エプソムカップ2017/クラリティスカイ

調教評価 A 終いの動き良、いつも以上に動けて好走気配

クラリティスカイ 美浦南W 83.2 67.4 52.3 38.8 12.3 馬なり 併せ遅れ

併せ馬で遅れはしましたが、それでも終いの12.3という時計は美浦トレセンに転厩したからの自身ベストタイムというだけにこれは注目しておくべき動きであったと言えそうです。普段は13秒台の前半がいつも通りという時計であることを考えればかなり終いに伸びを見せており馬に走る気があるといったところでしょうか。これならばNHKマイルカップ以来の久々の勝利を手にするチャンスは十分にあると言えるのではないでしょうか。

エプソムカップ2017/ダッシングブレイズ

調教評価 A コース追いにパターン変更で一変狙う

ダッシングブレイズ 栗東CW 81.8 66.0 51.2 37.8 11.9 馬なり 併せ先着

ここ数戦、坂路コースで最終調整を行っていたダッシングブレイズがコースで最終追い切りを行ってきました。その動き自体は4Fから加速して好タイム、相変わらずの迫力のある動きを見せてくれましたが、今回コースを選択したのは距離が伸びるのを意識してなのでしょうか。ともあれここ数戦は期待されたほどに結果を残せていないだけに、この追い切りパターン変更がいい刺激にもなれば、重賞初制覇の可能性も十分に見えてくるのではないでしょうか。ここは浜中騎手の好プレイにも期待といったところでしょう。

エプソムカップ2017/デンコウアンジュ

調教評価 A 体質強化歴然、引き続きの好状態キープ

デンコウアンジュ 栗東坂路 52.8 38.3 25.0 12.5 G前追う

ヴィクトリアマイルで2着に好走し、安田記念にも出走予定があったもののエプソムカップへ矛先を変えてきたデンコウアンジュですが、追い切りの動きは坂路で軽快そのもの。ヴィクトリアマイル時から坂路での調整に切り替えてきましたが、その前はポリトラックを利用したりと脚元に不安があることを露呈するような調整を続けてきましたが、坂路でしっかり負荷をかけて追われるようになって調子を上げてきたのも納得といったところでしょうか。それならば実績もある東京コースで牡馬相手でも十分に楽しみな1頭と言えるのではないでしょうか。

tohyoken_01

エプソムカップ2017/追い切りから見る他の注目馬

ヒストリカルやフルーキーといった実績馬も相変わらずの元気な動きを見せていますが、いつも稽古では動く馬となるだけに好調キープということでB評価止まりに。マイネル軍団2頭はマイネルハニーは休み明けでも動きは良好でいきなりからでも動けそうですが特筆する程の動きではないのでB評価まで。マイネルミラノは稽古駆けする馬ではないものの、いつも通りの動きといったところでB評価ということにします。

新興勢力が人気を集めそうな今年のエプソムカップですが、実績馬とて調教の動きを見る限りはまだまだ元気一杯で、割引するような必要なないと思われるだけに、当日のパドック気配や馬場状態なども踏まえてしっかりと的中を手にしたいものですね。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA