【鳴尾記念2017データ分析】過去5年の枠・消去・人気傾向からまさかの穴馬を予想! | 本気競馬

【鳴尾記念2017データ分析】過去5年の枠・消去・人気傾向からまさかの穴馬を予想!

jyusyodate_g3

第70回 鳴尾記念(G3)2017

2017/6/3(土)阪神競馬場にて、第70回鳴尾記念(芝2000m)が行なわれます。春のグランプリ、宝塚記念へ向けての重要な一戦。2年前の勝ち馬ラブリーデイは、このレース快勝の勢いそのままに宝塚記念も制覇しましたから、距離こそ違えどもやはり本番と同じ舞台で行われるという点に置いては、ある程度の関連性はあるとみるべきでしょう。なお、当レースは施行時期、距離など幾度の変更を重ね、現在の6月に移行されたのが、12年から。ここでは過去5年の傾向を振り返っていきます。

鳴尾記念2017/データ分析予想

鳴尾記念データ分析①単勝人気馬の傾向

過去5年の鳴尾記念における、単勝人気別の成績を見てみると、1番人気馬は1勝2連対と極度の不振傾向。その穴埋めを担っているのが、2勝3連対の2番人気馬で、次いで3、6番人気馬が1勝ずつとなっています。過去5年の最低人気勝ち馬が、13年1着トウケイヘイローの6番人気と、”勝ち馬に限れば”中穴程度までと見るのが無難でしょう。

【単勝1番人気】 1.1.0.3
【単勝2番人気】 2.1.0.2
【単勝3番人気】 1.0.1.3
【単勝4番人気】 0.0.1.4
【単勝5番人気】 0.0.1.4
【単勝6番人気】 1.0.0.4
【単勝7番人気~】0.3.2.28

鳴尾記念データ分析②払戻金別の傾向

上記の単勝人気馬別傾向でも触れましたが、”勝ち馬に限れば中穴程度”まで。しかし、下記の馬連、3連複、3連単の払戻金を見るとわかるように、馬連3桁配当はわずかに2回だけ。馬連の平均配当が約5700円、3連複が約2万円で、3連単に至っては約10万円と、かなり夢のある配当額となっています。ちなみに、14年3着のフラガラッハ(10番人気)、16年3着のプランスペスカ(13番人気)に共通して言えることが、ともに2番枠だったということ。今年も開幕週の絶好馬場を生かせる内枠の人気薄には要注意です。

【2012年】 2-1-5人気  馬連590円  3連複1650円  3連単6900円
【2013年】 6-7-3人気  馬連17070円 3連複21780円 3連単199150円
【2014年】 1-9-10人気 馬連3520円 3連複28180円 3連単108720円
【2015年】 2-8-4人気  馬連7030円 3連複14120円 3連単73430円
【2016年】 3-2-13人気 馬連630円 3連複33750円 3連単123600円

鳴尾記念データ分析③ステップレース/前走着順別の傾向

ステップレース別傾向からは、天皇賞・春、中山記念からの臨戦馬が4戦4勝と負け知らず。残りの1勝も京王杯SC組ですから、勝ち馬5頭はすべて「前走重賞組」ということになります。前走着順はほぼ関係がなく、重賞を使ってきたかどうかがポイントとなりそうですね。今年のメンバーで、過去5年負けなしのこの3ステップ(天皇賞・春、中山記念、京王杯SC)からの臨戦となるのが、前走天皇賞・春を使ってきたスピリッツミノル。不敗神話の継続なるかにも注目ですね。

【天皇賞・春】 2.0.0.0
【中山記念】  2.0.0.0
【京王杯SC】  1.0.0.0
【新潟大賞典】 0.1.2.11
【大阪杯】   0.1.1.5
【OP特別】 0.1.1.18

【前走1着】  0.1.0.3
【前走2着】  0.0.0.3
【前走3着】  0.0.0.5
【前走4着】  0.1.0.2
【前走5着】  0.0.0.3
【前走6~9着】 2.0.3.11
【前走2桁着順】3.3.2.21

鳴尾記念データ分析④性齢別の傾向

調べながら意外だと驚かされたことですが、実は過去5年で牝馬の出走は一度もありませんでした。今年はスマートレイアー、デニムアンドルビーと牝馬が有力視されるだけに、どちらに転んで新たな1ページを作るということに変わりはありません。年齢別に見てみると、3勝5連対の5歳馬が抜けて強い傾向で、4、6歳馬が1勝ずつ。7歳以上では14年2着のアドマイヤタイシ(7歳)、3着フラガラッハ(7歳)の1回ずつがあるだけで、8歳以上は馬券圏内に入ったことがありません。馬券の中心は、5歳馬からとなりそうです。

【牡馬】 5.5.5.48
【牝馬】 0.0.0.0

【3歳】 0.0.0.0
【4歳】 1.1.2.3
【5歳】 3.2.1.5
【6歳】 1.1.1.16
【7歳上】0.1.1.24

鳴尾記念データ分析⑤馬番順/脚質別の傾向

勝率60%、連対率、複勝率80%と驚異的な数字を残すのが10番枠。内外を見ながら自在に立ち回れるという利点が、開幕週の馬場でフルに生かせているという印象ですね。次いで3、11番枠が1勝ずつで、全体的には内~真ん中までが狙い目といったところ。出走頭数の違いもありますが、13番枠から外の馬は一度も馬券圏内に入ったことがありません。開幕週の外枠はやはり不利、という印象は拭えません。脚質別では、追い込み馬だけ勝ち馬が出ていないものの、2着2回ならそう差はない印象で、全体的にはほぼイーブン。あくまでも展開次第と言えそうです。

【1番】 0.0.0.5
【2番】 0.0.2.3
【3番】 1.0.0.4
【4番】 0.0.1.4
【5番】 0.0.0.5
【6番】 0.1.1.3
【7番】 0.0.1.4
【8番】 0.1.0.4
【9番】 0.1.0.4
【10番】 3.1.0.1
【11番】 1.0.0.3
【12番】 0.1.0.2
【13番】 0.0.0.2
【14番】 0.0.0.2
【15番】 0.0.0.1
【16番】 0.0.0.1

【逃げ】 1.0.0.6
【先行】 2.1.1.11
【差し】 2.2.3.15
【追込】 0.2.1.16

鳴尾記念データ分析⑥所属別の傾向

過去5年を見てみると、勝ち馬はおろか上位3頭ともすべて関西馬。今年はマイネルフロスト、ミュゼエイリアンに関東馬初となる鳴尾記念制覇の期待がかかりますが、マイネルフロストは上位人気となりそうな馬。データ面から、バッサリ切る手もありそうです。

【美浦】 0.0.0.4
【栗東】 5.5.5.44

鳴尾記念データ分析⑦鳴尾記念に強い厩舎?

12年トゥザグローリー、15年ラブリーデイ、16年サトノノブレスと過去5年で3勝を挙げているのが、栗東・池江寿厩舎。13年も3着ダノンバラードが管理馬と、過去5年すべてに置いて馬券圏内に入るという活躍を見せています。今年もステイインシアトルがスタンバイ。やはり今年も無視はできない?

開催・馬場 馬番 馬名 斤量 騎手 厩舎 タイム着差 人気 前走 前走
着順
払い戻し

2007

鳴尾記念
馬場:良

1 4 ハイアーゲーム 56 藤岡佑 大久洋 1.47.5 8 アルゼンチン共和国杯 6 単勝 2870 馬単 19710
2 3 エイシンデピュティ 57 岩田 野元 ハナ 3 天皇賞・秋 14 枠連 6270 3連複 16240
3 13 アドマイヤフジ 56 川田 橋田 ハナ 5 札幌記念 9 馬連 6410 3連単 124220

2008

鳴尾記念
馬場:良

1 16 サクラメガワンダー 56 福永 友道 1.46.0 1 天皇賞・秋 6 単勝 180 馬単 1050
2 13 ナムラマース 56 小牧太 福島信 3 3 カシオペアS 5 枠連 670 3連複 17450
3 14 ドリームガードナー 55 岩田 中村ナ 1/2 13 トパーズS 15 馬連 760 3連単 48770

2009

鳴尾記念
馬場:良

1 13 アクシオン 56 藤田 二宮 1.46.5 7 八坂S 1 単勝 2420 馬単 16150
2 5 スマートギア 56 武豊 佐山 1 1/4 4 アルゼンチン共和国杯 12 枠連 2440 3連複 6160
3 11 ナムラクレセント 56 小牧太 福島 ハナ 2 アンドロメダS 1 馬連 6580 3連単 60260

2010

鳴尾記念
馬場:良

1 11 ルーラーシップ 55 岩田 角居 1.44.9 2 ダービー 5 単勝 390 馬単 1290
2 10 ヒルノダムール 55 藤田 1/2 1 菊花賞 7 枠連 370 3連複 1420
3 6 リルダヴァル 55 福永 池江郎 クビ 4 アンドロメダS 2 馬連 650 3連単 5660

2011

鳴尾記念
馬場:良

1 13 レッドデイヴィス 55 Mデムーロ 音無 1.45.6 4 京都新聞杯 10 単勝 610 馬単 6410
2 2 ショウナンマイティ 55 武豊 梅田智 クビ 6 菊花賞 8 枠連 1620 3連複 3760
3 11 サダムパテック 56 岩田 西園 1/2 1 菊花賞 5 馬連 3940 3連単 27480

2012

鳴尾記念
馬場:良

1 10 トゥザグローリー 57 福永 池江寿 2.00.1 2 中山記念 10 単勝 380 馬単 1180
2 8 ショウナンマイティ 57 浜中 梅田智 1/2 1 大阪杯 1 枠連 520 3連複 1650
3 6 トーセンラー 56 岩田 藤原英 2 5 新潟大賞典 11 馬連 590 3連単 6900

2013

鳴尾記念
馬場:良

1 10 トウケイヘイロー 56 武豊 清水久 1.58.9 6 京王杯SC 8 単勝 1160 馬単 29790
2 9 エクスペディション 56 浜中 石坂 1 1/4 7 小倉大賞典 16 枠連 16060 3連複 21780
3 7 ダノンバラード 57 岩田 池江寿 クビ 3 日経賞 7 馬連 1180 3連単 199150

2014

鳴尾記念
馬場:良

1 11 エアソミュール 56 戸崎 角居 1.59.1 1 中山記念 10 単勝 390 馬単 5130
2 10 アドマイヤタイシ 56 岩田 橋田 ハナ 9 新潟大賞典 13 枠連 490 3連複 28180
3 2 フラガラッハ 56 高倉 松永幹 ハナ 10 大阪杯 6 馬連 3520 3連単 108720

2015

鳴尾記念
馬場:良

1 10 ラブリーデイ 57 岩田 池江寿 1.58.8 2 天皇賞・春 8 単勝 400 馬単 9770
2 6 マジェスティハーツ 56 武幸 松永昌 2 8 都大路S 4 枠連 1980 3連複 14120
3 4 アズマシャトル 56 和田 加用 クビ 4   新潟大賞典 12 馬連 7030 3連単 73430

2016

鳴尾記念
馬場:良

1 3 サトノノブレス 56 川田 池江寿 R1:57.6 3 天皇賞・春 11 単勝 380 馬単 1210
2 12 ステファノス 56   戸崎 藤原英 クビ 2 香港カップ 10 枠連 580 3連複 33750
3 2 プランスペスカ 56   幸 松永昌 クビ 13 都大路S 7 馬連 630 3連単 123600
※11年まで12月開催。06~11年まで芝1800m。      majikeiba.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA