【さきたま杯2017予想】モーニン本命で勝負! | 本気競馬

【さきたま杯2017予想】モーニン本命で勝負!

スポンサーリンク

yosou_chihou

2017/5/31(水)開催 浦和11R さきたま杯(JPN2) 4歳以上 ダート 1400m(左) 別定戦

スポンサーリンク

さきたま杯2017[レース予想]

豪華メンバーが顔を揃えた今年のさきたま杯。筆頭格は中央のベストウォーリアで、同馬を巡って各馬仕掛けのタイミングを計る一戦となりそう。中央で3週連続G1勝利中のルメール騎手を擁するモーニン、最内を引き当てた地方の快速馬ラブバレットなど多彩な顔ぶれで幕を開ける。きつい浦和のコーナーをスムーズに回り、最初にゴールに飛び込むのは果たしてどの馬になろうか。

さきたま杯 予想【◎モーニン】

本命はモーニン。同馬は前走かしわ記念で、逃げの手を打ち3着入線。実は前から同馬は逃げで競馬をすべきと思っていた。結果的に交わされはしたが、復調を感じさせる走りで、浦和で逃げるなら好枠の2番枠もゲット。左回りが得意な馬で、初コースでも問題なかろう。鞍上には絶好調のルメール騎手を配置して、前走の経験を生かし、久々の勝利を手にすると見た。

さきたま杯 予想【○ラブバレット】

対抗はラブバレット。先述の通り今回は最内枠からのスタートとなるが、やはり浦和のコーナーのきつさを考えるにつけ、同馬の先行力は捨てがたい能力に映る。昨年の笠松グランプリでの鮮やかな逃げ切りに加え、その直後の兵庫ゴールドトロフィーでも、勝ち馬ニシケンモノノフとはコンマ6秒差の4着。ハンデ有利な56kgで、この枠からのスタートであれば連対してもおかしくは無い。敢えて馬券に入れておきたい一頭だ。

さきたま杯 予想【▲ベストウォーリア】

単穴にベストウォーリア。今回も当然の如く1番人気に押されるであろう同馬。どんなレースでも善戦してきた名馬であるが、かしわ記念ではまさかの4着。元々勝ちきれない性質のため、頭からは狙いづらいが、それにしても踏ん張りが利かなかった前走は気がかり。立て直されたにしろハンデ頭の58kg、厳しいマークが予想されるなど今回もやや不安有りと見る。そのため印はここまで下げて、連対狙いで考えたい。

さきたま杯 予想【△ホワイトフーガ】

最後は砂の女王ホワイトフーガ。現在5歳と旬を迎えた同馬のパートナーは蛯名正義騎手。このコンビでは4-1-1-1と、目立った敗戦は1度だけだ。その敗戦も今年のフェブラリーSのみで、このメンバーなら上位が狙える。牝馬でハンデは56kgというのも魅力で、左回りも後者の部類に入る。前走快勝は一息入れた効果がきちんと現れた結果で、今回もローテに好感が持てる。状態は良いはずで、最後の一差しに期待だ。

さきたま杯2017[馬券考察]

馬券は三連単。流しで、◎→○▲△の計6点で勝負!

[さきたま杯:2017/5/31(水)-浦和競馬 第11R-16時35分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA