【安田記念2017予想/オッズ/出走予定馬】世界の名手の競演にも注目! | 本気競馬

【安田記念2017予想/オッズ/出走予定馬】世界の名手の競演にも注目!

スポンサーリンク

cyumou_01

アジア最強のマイラーはどの馬か?安田記念いよいよ発走!

東京競馬場の1600mという舞台に国内のみならず、香港最強マイラー達も集結する注目の1戦、安田記念がいよいよ今週末に発走となります。出走予定馬を見ていくと、今年は香港からG1馬ビューティーオンリーとコンテントメントを迎え、日本勢も昨年の勝ち馬ロゴタイプやイスラボニータ・レッドファルクスのG1馬が迎え撃ちます。アジア最強のマイラーを決める1戦の結末はいかに?

今年は馬だけでなく騎手にも注目。香港から名手パートン、そしてマジックマンの異名をもつモレイラ騎手も来日し、まさに世界の名手の競演を見ることができる絶好の機会となります。今回はそんな名手の騎乗馬と予想オッズからも人気となりそうな注目馬を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

安田記念2017[予想される出走予定馬]

安田記念2017/レッドファルクス

名手の腕で距離をも克服なるか?

レッドファルクス&デムーロ騎手

昨年のスプリンターズSの勝ち馬、レッドファルクスが前走京王杯スプリングカップを制して安田記念に駒を進めてきました。これまでマイル経験は大敗を喫したデビューから2戦目の未勝利戦のみと乏しいものではありますが、脚さえ溜まればマイルでも活躍が可能と思える近走の充実振り。過去にもロードカナロアはこの安田記念で、そしてストレイトガールはヴィクトリアマイルでそれぞれスプリンターと言われていた馬がマイルG1で勝利しているように流れ一つ、乗り方一つで勝利の可能性は十分。現在リーディングトップを快走中のデムーロ騎手の手腕があればこの馬とて当然距離は保つと信じてみる手はありそうです。

安田記念2017/イスラボニータ

名コンビ誕生の予感!久々のG1勝利狙う

イスラボニータ&ルメール騎手

この馬にしてこの騎手ありというコンビは競馬界にはよくある話ですが、イスラボニータとルメール騎手の相性も抜群。これまでの騎乗で(1.3.1.0)と馬券圏内を外さない好相性を誇っている点は注目すべきところでしょう。この馬を2年半ぶりに勝利に導いた名手ルメールが、今度は3年ぶりのG1勝利へと導くか。その手腕には注目が集まるところです。前走マイラーズカップで久々の勝利を手にしたことによりファンの注目を更に浴びることにはなりそうですが、自分の競馬さえできれば好結果は間違いなしといったところでしょうか。

安田記念2017/ステファノス

昨年リーディングの意地を見せG1勝利なるか

ステファノス&戸崎騎手

昨年のリーディングジョッキーの戸崎騎手が騎乗するのはステファノス。それこそ川田騎手がサトノアラジンに騎乗するために依頼が舞い込んだ形にはなりますが、元々騎乗実績のある馬で、2年前に東京マイルの富士ステークスでこの馬を勝利に導いたのが戸崎騎手でもありました。今年はリーディング争いでデムーロ・ルメール騎手に遅れをとっている形でG1勝ちも未だにないところではあるだけになんとか意地を見せたいところ。ステファノスにとってもG1で惜しい競馬が続いており、勝ち星からもしばらく遠ざかっている現状だけにこのコンビでともに悲願のG1制覇を手にできるかどうかには注目が集まるところではあります。

安田記念2017/コンテントメント

マジックマンの騎乗が勝利へと導く!

コンテントメント&モレイラ騎手

昨年も安田記念に参戦して12着と殿負けを喫したコンテントメントですが、今年はチャンピオンズマイルで久々の勝利を手にしての参戦。そして鞍上になんと主戦のプレブル騎手を降ろしてまでマジックマンの異名で知られるモレイラ騎手を引っ張り出してきているのですから陣営も本気の参戦でしょう。何よりモレイラ騎手といえば昨年の札幌競馬で騎乗機会7連勝という離れ業を演じるなど日本の競馬ファンも知る世界の名手。その手腕のみでこの馬が上位を窺う可能性とて十分に有り得るのではないでしょうか。

安田記念2017/ビューティーオンリー

日本でもお馴染みのザックがやってくる

ビューティーオンリー&パートン騎手

パートン騎手といえばザックの愛称で親しまれていますが、香港リーディングではモレイラ騎手についでの2位というポジション。日本ではアドマイヤラクティをコーフィールドC勝利に導き、また高松宮記念をエアロヴェロシティで制していることでも知られている名手ですが、今年参戦してくるビューティーオンリーは昨年の香港カップの勝ち馬でもあり、その際にはロゴタイプやサトノアラジンに完勝しているだけに実績十分。現在香港における最強マイラーはこの馬との声も多いだけに名馬と名手のコンビが日本のG1を制する可能性は十分にあるとみて警戒する必要がありそうです。

安田記念2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも日本の誇る、世界の武豊騎手が騎乗するのはマイルに適性を見出し、悲願のG1制覇を虎視眈々と狙う4歳馬エアスピネル。そしてある意味マジックマンと言われる神出鬼没な騎乗が魅力の横山典騎手が騎乗するのは末脚の鋭さならばメンバー随一ともいえるアンビシャス。他にも、連覇を狙うロゴタイプや7戦6勝と底を見せない魅力のあるグレーターロンドンなど、アジアNo.1のマイラーを決める1戦にふさわしい好メンバーが集います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA