【安田記念2017出走予定馬】レッドファルクスなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【安田記念2017出走予定馬】レッドファルクスなど1週前注目馬考察

スポンサーリンク

syussouyoteiba

2017/6/4開催「安田記念(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

スポンサーリンク

安田記念2017 [1週前出走予定馬]

  • アンビシャス(牡5)/(音無/栗東)
  • イスラボニータ(牡6)/(栗田/栗東)
  • エアスピネル(牡4)/(笹田/栗東)
  • クラレント(牡8)/(橋口/栗東)
  • グレーターロンドン(牡5)/(大竹/美浦)
  • サトノアラジン(牡6)/(池江/栗東)
  • サンライズメジャー(牡8)/(浜田/栗東)
  • ステファノス(牡6)/(藤原/栗東)
  • ダッシングブレイズ(牡5)/(吉村/栗東)
  • ディサイファ(牡8)/(小島/栗東)
  • デンコウアンジュ(牝4)/(荒川/栗東)
  • トーキングドラム(牡7)/(斎藤/美浦)
  • ブラックスピネル(牡4)/(音無/栗東)
  • ヤングマンパワー(牡5)/(手塚/美浦)
  • レッドファルクス(牡6)/(尾関/美浦)
  • ロゴタイプ(牡7)/(田中/美浦)
  • ロジチャリス(牡5)/(国枝/美浦)
  • ロンギングダンサー(牡8)/(田村/美浦)

■2017/5/24現在

安田記念2017 [注目馬考察]

安田記念 出走予定馬/レッドファルクス

昨年のスプリンターズS制覇以降はスプリント路線を歩んでいたこの馬。実際今年復帰緒戦となった高松宮記念でも、決して状態は万全ではなかったと思いますが、それでも3着を確保出来たあたりは地力強化の証だと思います。前走の京王杯SCは久々の1400m戦となりましたが、レースでは全く戸惑うことなく順応し直線ではこの馬らしい豪快な伸び脚を披露し勝利。出走馬の中にはG1好走馬も含まれていましたので、前哨戦ながら非常に強い内容だったと思います。今回はまた更に200m延長で初めてのマイル戦となりますが、目下の充実振りを考えればこなす可能性は十分にあると思います。ロードカナロア以来のスプリント、マイルG1制覇なるかに注目となりそうです。

安田記念 出走予定馬/ステファノス

前走の大阪杯ではキタサンブラックの2着に好走。そのキタサンは続く天皇賞で驚異的なレコードタイムをたたき出し、現役最強馬の称号を手にしたといっていい実力馬でしたので、2着でも十分に価値のある内容だったと思います。それにこのステファノスという馬は叩き良化型であることが明白で、過去の成績を見ても休み明け2戦目や3戦目の方が好成績です。今回は休み明け3戦目で走りごろだと思いますし、良績のある東京コースに替われば前進も十分に考えられますので注目の1頭となりそうです。

安田記念 出走予定馬/イスラボニータ

善戦マンのイメージが付き勝ちきれないレースが続いていたこの馬ですが、前走のマイラーズCでは久々に勝利。この勝利が2014年のセントライト記念以来の勝利となり、実に約2年6ヶ月ぶりの勝利でいかに今まで勝ちきれないレースが続いていたかが分かります。ただ一度勝った事により馬に自信が付き、また連勝街道に載のる可能性は十分。ルメール騎手に乗り替わってからは4戦して1勝2着3回と連対率100%と安定感は抜群ですし、東京コースも問題ないはず。今度は皐月賞以来のG1、2勝目に手が届くかどうかに注目となりそうです。

安田記念2017 [今後の動向]

上記に挙げた馬以外にも重賞好走回数の多いサトノアラジンや、未知の魅力満載のグレーターロンドンなどが出走しますので、今年の安田記念は非常に見応えのあるレースが期待できそうです。東京5週連続G1の締めくくりとなるこのレース、どの馬が勝ち名乗りを挙げるのか注目の1戦となりそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA