【日本ダービー2017予想/オッズ/出走予定馬】1番人気予想はアルアインも… | 本気競馬

【日本ダービー2017予想/オッズ/出走予定馬】1番人気予想はアルアインも…

cyumou_01

ホースマンの夢、ファンの夢、1年に1度の競馬の祭典いよいよ開幕!

競馬の1年はダービーに始まりダービーに終わるとも言われる程、ホースマンにとっては1度は勝ちたいと誰もが願う日本ダービーがいよいよ今週末発走となります。競走馬にとっては一生に一度の夢舞台。その舞台に立つ18頭が世代の頂点を目指して凌ぎを削る2400m、予想オッズからは今年の主役は皐月賞馬アルアインか?それとも新星アドミラブルか?他の出走予定馬も含め、その結末からは目が離せません。

日本ダービー2017[予想される出走予定馬]

日本ダービー2017/アルアイン

2冠の権利があるのはこの馬のみ

皐月賞を制して2冠に挑戦する権利があるのはこのアルアイン1頭のみ。その皐月賞は9番人気という低評価を覆して直線早めに先頭に踊り出ると追撃を凌いでの勝利。これまでの戦績は5戦4勝。唯一の敗戦は直線で不利のあったシンザン記念のみとなれば、今回も不利さえなければしっかりと力を発揮して上位を窺うことは確実とも言えるかもしれません。とはいえ全ての騎手が勝利を狙う熾烈なレースが展開されるダービーだけに騎手の手腕も問われる1戦。まだまだ20代と若い松山騎手がこの独特の雰囲気の中、冷静にこの馬を導くことができるかも、2冠達成へ向けての大きなポイントとなるかもしれません。皐月賞馬ということもあり1番人気に推される可能性が濃厚ですが、抜けた人気になることはないものと想定されます。

日本ダービー2017/アドミラブル

遅れてきた怪物、一気に頂点を極めるか

デビュー戦後にノドの手術を施し、復帰後破竹の3連勝で青葉賞を制しダービーに駒を進めてきたアドミラブル。その勝ち振りはまさに圧巻の一言であり、青葉賞の勝ち振りからダービーでもその力が通用すると見る人が大多数を占めます。皐月賞で人気馬が総崩れしたことから、ひょっとするとこの馬が1番人気に推される可能性もありますが、これまでに青葉賞馬がダービーを制したことは皆無。あのシンボリクリスエスやフェノーメノといった後にG1を制したような馬でもダービーは2着止まりであったことから、それこそダービーを勝てば相当の怪物。果たしてアドミラブルが歴史に名を刻むかには注目が集まるところではあります。

日本ダービー2017/レイデオロ

目標はダービー、状態は当然前走以上

昨年末のホープフルステークスを制した後に休養に入り、皐月賞は休み明けでの参戦であったレイデオロは元来の大目標がダービー。だからこそ皐月賞はそこまで大きな期待を背負うことはありませんでしたが、それでも末脚鋭く伸びての僅差5着はそれこそダービーでの好走を連想させるに十分の走り。休み明けを1度使っての上積みは相当にありそうであり、スムーズに直線で進路をとる事ができれば持ち前の末脚が爆発して一気にまとめて前をいく馬を差しきって見せる可能性は十分にあると言えそうです。鞍上ルメール騎手ということからも人気を背負いそうですが、不安よりも期待が大きい1頭であることに間違いないでしょう。

日本ダービー2017/ペルシアンナイト

皐月賞の雪辱を期す

皐月賞でアルアインを僅かに捉えきれずに2着となったペルシアンナイトは元々は皐月賞後はNHKマイルカップを予定していたものの予定変更でダービー直行を決断。それだけに距離不安も囁かれていますが、血統的には2400mはこなせる範囲。今年のクラシック戦線で活躍の目立つハービンジャー産駒だけに心配することもなさそうです。逆に心配になるといえば、鞍上のデムーロ騎手がこの馬ではなく、アドミラブル騎乗を決断した点でしょうか。替わって騎乗する戸崎騎手が悪いということではないですが、デムーロ騎手の判断はこの馬よりもアドミラブルの方が可能性がある。ということならばやはりこの馬の評価は多少なりとも下げる必要があるのかもしれません。

日本ダービー2017/スワーヴリチャード

左回りの東京でこの騎手騎乗ならば怖い

共同通信杯を制し、皐月賞でもファンディーナに次ぐ人気を背負ったスワーヴリチャードは6着敗退となりましたが陣営はそう悲観するところもありません。手前の都合、右回りよりも左回りの方がスムーズだというところがある馬だけにあくまでも目標はこのダービー。だからこそ共同通信杯から皐月賞へ直行したという経緯もあるだけに、このダービーでの巻き返しに期待がかかるところはあります。鞍上の四位騎手がほれ込んでいる馬でもあり、その四位騎手といえば、ウォッカ・ディープスカイとダービー連覇を達成したこともある実績のある騎手。ここ一番で冴え渡る騎乗があればなんとも怖い存在となりそうです。

日本ダービー2017/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも皐月賞3着のダンビュライトはここ3戦連続3着と勝ち切れない競馬が続いてはいますが、堅実なレース振りに加えて武豊騎手騎乗ならば人気にもなってきそうなところはありますし、サトノアーサーは圧倒的人気を背負ったきさらぎ賞、毎日杯と続けて末脚届かずの2着ではありましたが、直線長い東京コースで末脚嵌れば怖い存在でもあります。あとはプリンシパルステークスを制したダイワキャグニーとて東京コースは抜群の相性を誇っており、軽視禁物の存在と言えるかもしれません。最後に忘れてはいけないのがカデナ。皐月賞は内容的に不満の残る結果とはなりましたが、この馬と同オーナーのワンアンドオンリーも皐月賞敗退から巻き返してのダービー制覇を達成しているだけに、このカデナにも巻き返しでの勝利に期待がかかるところではあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA