【東京プリンセス賞2017予想】ピンクドッグウッド本命で勝負! | 本気競馬

【東京プリンセス賞2017予想】ピンクドッグウッド本命で勝負!

yosou_chihou

2017/5/11(木)開催 大井11R 東京プリンセス賞(S1) 3歳牝馬オープン・南関東所属 ダート 1800m(右) 定量戦

東京プリンセス賞[レース予想]

最内枠に入ったグラッブユアダイヤが出走を取り消して、確たる逃げ馬を見失った今年の東京プリンセス賞。桜花賞優勝馬スターインパルスも不出走で、2歳女王のピンクドッグウッドに否が応でも注目が集まる。直線の長いタフな大井1800mを舞台に、一際輝くプリンセスとなるのはどの馬か。牝馬2冠目の栄光がいよいよ幕を開ける。

東京プリンセス賞 予想【◎ピンクドッグウッド】

大井では1-1-0-0、得意舞台に全力投球の同馬を本命に指名する。同馬の大井成績は、東京2歳優駿牝馬優勝、そして前走の京浜盃を2着と、その2戦共に格・質ともに申し分のない内容で今回を迎えるに至った。前走も牝馬であることや外枠の不利、距離延長など取り沙汰されたが、それらを一蹴する快走で6番人気に反発して見せた。今回は1番人気が濃厚だが、それに応える下地は十分。赤岡騎手もその豪腕を存分に発揮する。

東京プリンセス賞 予想【○シェアハッピー】

対抗は桜花賞3着、末脚鋭い差し馬である同馬を指名する。今回、桜花賞組の中で同馬を上位に選出したのは、やはり同馬が計時している、桜花賞上がり最速という数字があればこそである。門別デビューで重賞こそ一歩及ばず足踏みしたが、それもここ大井の桃花賞で準重賞勝ちと年明けから上昇していた。浦和は差し馬には向かないコースである上に、更に前残りの厳しい競馬でよく善戦している。鞍上・大井の矢野騎手とは2-0-1-1と好相性で、前にマークが集中するなら狙ってみたい一頭だ。

東京プリンセス賞 予想【▲グラスサファイヤ】

大外枠でも見限れない、同馬を単穴に指名する。同馬は2歳女王決定戦・東京2歳優駿牝馬で15番人気の低評価で4着と善戦したが、毎度人気薄での好走を繰り返し、ついに桜花賞では2着と連対を果たすまでに成長している。その着順とは裏腹に馬体重は軽くなる一方なのが気にはなるが、元々絞り切れていなかったとすれば前走こそが本来の姿。同馬を手中に収める今野騎手の手綱であれば、もう一段上の走りも現実味を帯びてくる。広い大井の1800mは同馬の走りに合うはずだ。

東京プリンセス賞 予想【△ステップオブダンス】

最後はユングフラウ賞の勝ち馬、ステップオブダンスを指名する。同馬はここまで一度も掲示板を外す事無く走ってきたが、前走の桜花賞では最後に脚が上がってしまった。流れに乗れた割には案外な結果に見えたのだが、溜めをきかせて直線一気に仕掛けたほうが良さそうなタイプ。この辺り名手・森泰斗騎手の判断が注目されるところだが、今回は好枠3番でじっくり出していけるはず。その点、展開有利も見込め、最後まで粘るシーンも。

東京プリンセス賞2017[馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[東京プリンセス賞:2017/5/11(木)-大井競馬 第11R-20時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA