【オークス2017出走予定馬】レーヌミノルなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【オークス2017出走予定馬】レーヌミノルなど1週前注目馬考察

スポンサーリンク

syussouyoteiba

2017/5/21開催「オークス(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

スポンサーリンク

オークス2017 [1週前出走予定馬]

  • カリビアンゴールド(牝3)/(小島/美浦)
  • ソウルスターリング(牝3)/(藤沢/美浦)
  • ブラックスビーチ(牝3)/(角居/栗東)
  • フローレスマジック(牝3)/(木村/美浦)
  • モズカッチャン(牝3)/(鮫島/栗東)
  • ヤマカツグレース(牝3)/(池添/栗東)
  • レーヌミノル(牝3)/(本田/栗東)
  • リスグラシュー(牝3)/(矢作/栗東)
  • アドマイヤミヤビ(牝3)/(友道/栗東)
  • ハローユニコーン(牝3)/(鮫島/栗東)
  • ブラックオニキス(牝3)/(加藤/美浦)
  • ディーパワンサ(牝3)/(松下/栗東)
  • ミスパンテール(牝3)/(昆/栗東)
  • ディアドラ(牝3)/(橋田/栗東)
  • ホウオウパフューム(牝3)/(奥村/美浦)
  • マナローラ(牝3)/(鮫島/栗東)
  • モーヴサファイア(牝3)/(池添/栗東)
  • アドマイヤローザ(牝3)/(梅田/栗東)
  • アルメリアブルーム(牝3)/(高橋/栗東)
  • アンネリース(牝3)/(尾関/美浦)
  • ブルークランズ(牝3)/(今野/栗東)
  • ムーンザムーン(牝3)/(上原/美浦)
  • レッドコルディス(牝3)/(高橋/栗東)

■2017/5/10現在

オークス2017 [注目馬考察]

オークス 出走予定馬/レーヌミノル

桜花賞馬が2冠を狙っての参戦となりました。その桜花賞はやや重も発表ながらかなり渋った馬場となり、馬力のあるこの馬にとっては願ってもない馬場となりました。その結果レースでは抜群の適性を見せ、ソウルスターリングやリスグラシューといった阪神JF上位2頭に一矢報いることができました。激走の反動も心配されましたが、ここまでは順調に調整ができているようです。2冠達成なるかに大きな注目が集まりますが、今回の最大のポイントは距離。この馬の勝ち星は中距離の2000mはおろか1600mまでしかありませんし、血統的にも延びて良い馬ではないと思いますのでそこが鍵となりそうです。ここを克服できれば2冠達成も十分圏内に入ってくると思います。

オークス 出走予定馬/ソウルスターリング

桜花賞は馬場に泣き3着に敗れるまさかの展開となりました。跳びのきれいな馬なのであの馬場は想像以上に応えた印象で、3着も致し方なしと言った感じ。阪神JFやチューリップ賞の走りを見れば世代屈指の実力があることは明白ですし、巻き返しにも十分期待が出来ます。こちらもどちらかといえば2400mは歓迎とは言えませんが、折り合いに難もありませんし操縦性の高いこの馬ならこなす可能性は十分にあると思います。今回は前回ほどのマークはされないでしょうし、絶対的な人気とはならなさそうで少しは気楽に乗れる立場となりましたので、反撃濃厚と見ていいと思います。

オークス 出走予定馬/リスグラシュー

前走の桜花賞は離された3番人気となりましたが、世代屈指の実力があることを改めて証明する格好となりました。馬券圏内となった3頭の内、後方から追い込んできたのはこの馬のみで馬場、展開問わず好走出来るのは素晴らしいと思います。距離こそ違いますがアルテミスSで東京コースを経験していますし、その時は最後に流す余裕もある非常に強い内容での勝利だったのでコース替わりは歓迎のクチ。今回はかなりの人気が予想され、マークも前走よりきつくなりそうですが、自慢の切れ味が発揮されるような展開となれば戴冠の可能性も十分に期待できる1頭でしょう。

オークス2017 [今後の動向]

今年の3歳牝馬路線はハイレベルと言われており、先週のNHKマイルCも牝馬のアエロリットが制しました。上記に挙げた桜花賞上位3頭はもちろん、桜花賞敗戦組や別路線組も豊富なタレント揃いでかなり見応えのあるレースが期待できそうです。特に前走の桜花賞はワケアリの敗戦だったアドマイヤミヤビ辺りは、距離が伸びて良さが出るタイプの馬ですので逆襲に警戒したほうがいいでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA