【プリンシパルステークス2017予想】ダイワキャグニー本命で勝負! | 本気競馬

【プリンシパルステークス2017予想】ダイワキャグニー本命で勝負!

スポンサーリンク

yosou_tokubetsu

2017/5/6(土)開催 東京11R プリンシパルステークス

3歳オープン 2000m (芝) 別定戦 日本ダービートライアル

スポンサーリンク

プリンシパルステークス2017[レース予想]

土曜日のメインレースとして府中発の日本ダービー最終便、プリンシパルSが東京競馬場にて行なわれます。1着馬のみにダービーへの優先出走権が与えられる狭き門。その狭き門突破に向けて、今年も実力伯仲の好メンバーが揃いました。今年の牡馬クラシック戦線は混戦を極めており、どの馬にもチャンスがありそうです。このレースから本番での好走馬が出てもおかしくありませんので、前哨戦のここも注目の1戦となりそうです。

プリンシパルステークス 予想【◎ダイワキャグニー】

本命はこの馬にした。前走の弥生賞はレース前から少しイレ込んでおり、能力を発揮できるかどうか微妙な状態でした。その予感は的中し道中は折り合いを欠く様な形となってしまい、直線を向いたときには手応えがありませんでした。イキナリの重賞挑戦で2番人気は少し荷が重く、また初めての右回りも影響したのかなと思います。ただ良血馬でもありますので、前走だけで見限るのは早計でしょう。今回は2勝を挙げる東京コースに替わりますし、休養効果もあるはずです。メンバーは多少揃いましたが、ポテンシャルを考えればここでも十分に通用すると見て本命評価としました。

プリンシパルステークス 予想【○エトルディーニュ】

対抗はこの馬としました。前走のスプリングSは早めに仕掛けたことがアダとなってしまい、直線は目標にされる格好となりノビを欠きました。それでも先着を許した5頭はいずれも重賞級の馬たちばかりですので、悲観する内容ではありません。2走前の共同通信杯の様に前目でペース駆けに持ち込めれば、OPのここなら勝ち負けも十分に期待できます。比較的走っても人気になりにくいタイプの馬なので、前走の敗戦で人気を落とすようなら狙い目となりそうで対抗評価としました。

プリンシパルステークス 予想【▲スズカメジャー】

単穴はこの馬としました。前走のNZTは上位4頭までが4コーナー5番手以内と究極の魔残りで、後方15番手にいたこの馬には実質ノーチャンスのレース。逆にあの展開で5着まで持ってこれたのは地力の証明だと思います。まだまだ底を見せていないその走りには魅力を感じますし、同じ左回りの中京コースで勝ち星を挙げているので東京コースも問題ないでしょう。メンバーは比較的揃いましたが、展開の助けがあれば上位争いは十分に期待できると見て単穴評価としました。

プリンシパルステークス 予想【△ヘリファルテ】

この馬を4番手評価としました。既走馬相手のデビュー戦となった中山でのレースは、後方から一気の差し切り勝ちで勝利。勝ちタイムは平凡でしたし2着との着差はわずかでしたが、3着以下には2馬身以上の差をつけていますので能力の片鱗は見せました。今回は一度使った上積みにも期待できますし、まだまだ底を見せていない分未知の魅力にかけてみたいと思い4番手評価としました。

プリンシパルステークス2017[馬券考察]

馬券は本命のダイワキャグニーから馬連で◎→○▲△への馬券を本線に、◎-○の2頭軸の馬券を併せて勝負したいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA