【NHKマイルカップ2017予想/オッズ/出走予定馬】大混戦を制するのは果たして!? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【NHKマイルカップ2017予想/オッズ/出走予定馬】大混戦を制するのは果たして!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

cyumou_01

3歳マイル王に君臨するのはどの馬か!?

今週は来るべきオークス・ダービーを前に3歳のマイル王者を決定するNHKマイルカップが発走となります。出走予定馬から、ここ数戦のG1レースのように抜けた人気となりそうな馬は不在の大混戦。様々な路線からG1制覇を目論み集う3歳馬。予想オッズの人気順でも、戦績から桜花賞4着・5着のカラクレナイ・アエロリットが有利と思われていますが果たして!?

スポンサーリンク

NHKマイルカップ2017[予想される出走予定馬]

NHKマイルカップ2017/カラクレナイ

鞍上デムーロで末脚炸裂なるか?

桜花賞4着のカラクレナイ。直線は猛然と前を追撃するものの、僅かに及ばずの敗戦となりましたが、展開が向かなかったこともありましたし中身のあるレースであったと言えそうです。マイルにも対応できたのは収穫で、今回は直線の長い東京コース。鞍上はフィリーズレビューを制した際と同じデムーロ騎手に手が戻り、昨年のメジャーエンブレムに続いての牝馬のNHKマイルカップ制覇に期待が高まります。近走成績という点では前走G1で4着という実績は最上位とも言える存在となり鞍上も鞍上だけに当然人気を背負う存在とはなりそうですが、この混戦の中にあって中心的な存在となることは間違いなさそうです。

NHKマイルカップ2017/アエロリット

東京マイル経験済み。安定感抜群!

カラクレナイと同様に桜花賞では末脚を伸ばすものの5着。直線ではカラクレナイと並んでの追い上げを見せましたが、カラクレナイにも届かなかったのがアエロリットですが、これまでの戦績を見れば1勝2着3回5着1回と掲示板を外したことのない堅実味。勝ち切れないのは確かも末は確実といったところでしょうか。東京マイルではクイーンカップで2着もありコース経験があるのも有利ではないでしょうか。桜花賞は後方からの競馬となったものの元来は好位からも競馬ができる馬だけに要は横山典騎手の乗り方一つといったところではないでしょうか。

NHKマイルカップ2017/モンドキャンノ

折り合えば巻き返し必至!

前走スプリングステークスは休み明けもあったのかムキになって走って抑えが利かず、大敗を喫したモンドキャンノがマイルの大舞台で巻き返しなるかにも注目が集まります。血統的にも父キンシャサノキセキということならばマイルまでが守備範囲といった感もある馬。東京での京王杯2歳ステークスを制していますが、その際に騎乗していたルメール騎手が騎乗して折り合いがピッタリつけば朝日杯2歳ステークス2着という実績も黙ってはいないでしょう。ともかく、力を発揮するためにはスタート後いかに馬を落ち着かせるかが課題となってくるのではないでしょうか。

NHKマイルカップ2017/ボンセルヴィーソ

勝ち切れないが堅実駆けを評価

前哨戦となるニュージーランドトロフィーでも3着好走したボンセルヴィーソは1勝馬ながらに重賞戦績はG1朝日杯3着を含めて(0.2.2.0)と崩れ知らずで好走を続けてきているだけに力のある馬であることは確か。今回のG1の舞台で勝ちきれるかとなると疑問も、馬券圏内の可能性は十分にありそうな馬と言えるのではないでしょうか。ここ2戦は控える競馬でも成績を残せていることは評価できますが、今回は逃げる馬がいないならば朝日杯フューチュリティステークス同様に逃げの1手を打ってくる可能性もあるでしょうし警戒は必要でしょう。

NHKマイルカップ2017/ディバインコード

デビュー以来3着以下なし!

ボンセルヴィーソ同様に堅実駆けを評価するならばディバインコードも挙げておく必要があるでしょう。こちらはデビュー以来(3.2.2.0)と馬券圏内率100%を維持。NHKマイルカップ出走へ向けて賞金を加算すべく京都まで遠征して橘ステークスをきっちりと勝ち切ったことも評価したいところではあります。その橘ステークス勝ちからのNHKマイルカップ好走馬といえば3年前に17番人気で2着に好走したタガノブルグが思い出されますが、その再来なるかという点にも注目しておきたいところではあります。

NHKマイルカップ2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも皐月賞では12着敗退も勝ち馬アルアインとは0.6差と大きくは負けておらず、東京マイルでの巻き返しに期待したいアウトライアーズであったり、前哨戦のニュージーランドトロフィーを制しているジョースクリトリも当然注目の存在となるでしょう。更にはフランケル産駒の怪物、ソウルスターリングと併せて評価されていたものの、桜花賞11着で大きく評価が落ちているミスエルテも休み明け叩き2戦目で一変する可能性はあるだけに軽視は禁物といったところではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA