【尾鈴山賞2017予想】キングプライド本命で勝負! | 本気競馬

【尾鈴山賞2017予想】キングプライド本命で勝負!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

yosou_chihou

2017/4/30(日)開催 佐賀11R 尾鈴山賞 3歳以上オープン ダート 1750m(右) 別定戦

スポンサーリンク

PR-

PR-

尾鈴山賞2017[レース予想]

3つ巴の戦い。それが今回の尾鈴山賞の様相となっているが、その3頭とはキングプライド、マサヤ、ドンプリムローズである。それぞれに個性があるが、今回特に注目されるのはドンプリムローズの取捨選択で、佐賀ではほぼパーフェクトな同馬が、大井で散々だった後にきちんと結果が残せるかどうかだ。追い風になる条件も有り、復活はなしとしないが…。

尾鈴山賞 予想【◎キングプライド】

本命はキングプライド。主戦を務める鮫島騎手とは14-2-1-1と、抜群の実績を誇る同馬。唯一の馬券圏外は、太め残りの鏡山賞で4着に敗れたもので、これは明らかにいつもの同馬と違っていた。度外視できる状態で、前走もライバル・マサヤに勝利している。1400mの走破タイムも1分27秒0と優秀な時計であり、同馬のスピードに陰りがない事はこの事からも確認できる。元々中距離を得意とする馬。ここも上位は揺るがない。

尾鈴山賞 予想【○マサヤ】

対抗は先行粘り込みを得意としている、同馬で問題ないだろう。今回は大外枠からのスタートとなる同馬だが、大外と言っても、全部で8頭で馬群もすぐにばらけそう。キングプライドのすぐ後ろに付けるいつもの競馬で、4コーナーまでプレッシャーをかけ続けたいところだ。名手・山口勲騎手ならキングプライドを負かしに行く妙技も有り得るところ。ここは2頭揃っての上位進出に期待だ。

尾鈴山賞 予想【▲ドンプリムローズ】

中距離は大得意。人気牡馬2頭をまとめて負かす可能性のある、同馬を単穴に指名する。同馬は佐賀のダービーである栄城賞の勝ち馬であるが、その快速を見込まれて移籍した大井では散々な結果に。今回は佐賀に出戻りの一戦で、ハンデは恵量の53kg。上記2頭は確かに強いが、この馬も引けを取らない。ハンデの軽さと得意舞台でもう一度復活はある。2頭に割って入れる可能性は、正直この馬しか無さそうでもある。真島騎手騎乗で、騎手も佐賀3本矢の戦いだ。

尾鈴山賞 予想【△コスモポッポ】

掲示板に乗るが馬券には絡まない、そんな同馬を連下に据える。これはどういう事かというと、同馬の晩成傾向にあると見ているのだが、同期のキングプライドやコウザンゴールドに比べると、やはり先行力でもまだ見劣ると言わざるを得ない。今回はベテラン兒島真二騎手の初騎乗でこのあたりに渇を入れれば、馬にもやる気のスイッチが入りはしないだろうかと思う。どうしても見ていく展開になってしまうが、今回のメンバーなら流れが速くなる分上昇の可能性も。3頭を追いかける一番手として期待したい。

尾鈴山賞2017[馬券考察]

馬券は3連単。◎→○▲→○▲△の4点と、○▲→◎→○▲△の4点で計8点で勝負!

[尾鈴山賞:2017/4/30(日)-佐賀競馬 第11R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA