【マリーンカップ2017予想】パールコード本命で勝負! | 本気競馬

【マリーンカップ2017予想】パールコード本命で勝負!

スポンサーリンク

yosou_chihou

2017/4/12(水)開催 船橋11R マリーンカップ(Jpn3) 3歳以上オープン 牝馬限定 ダート 1600m(左) 別定

スポンサーリンク

マリーンカップ2017[レース予想]

昨年は稍重とはいえ、降雨の影響は否めなかったこのマリーンカップ。その昨年よりも今年は更に微妙な馬場状態の中、一段と好メンバーに恵まれての開催となった牝馬限定重賞だ。出走馬は11頭、内4頭が中央所属で、どの馬も実力派。地方所属のエース・リンダリンダにとっては、かなり苦しい展開が予想される。中央の桜花賞は終わったが、今度はこの船橋マイルで、トップホースが火花を散らして疾走する。

マリーンカップ 予想【◎パールコード】

本命はパールコード。漆黒の馬体で美しい輝きを放つ同馬だが、今回が実は初ダート。前走でも引き締まった見事な馬体で、中山牝馬Sを4着と好走したばかりの芝馬だ。しかしこの馬、ダートの実績こそ皆無だが、そのメリハリのある雄大な体つきは、以前からダートでこそと密かに狙っていた存在でもある。それがここ船橋を舞台に、ついに初陣を張る。となれば、ここは真っ先に狙って行きたいところ。強い勝ち方に期待する。

マリーンカップ 予想【○ワンミリオンス】

対抗はワンミリオンス。昨年デビューしてからの快進撃振りには目を見張るものがあるが、その中身も濃く、ここ2戦は重賞を連勝中。特筆すべきは左回りで4戦全勝の成績で、父ゴールドアリュール産駒の確かな血を受け継いでいる。幅のあるパワフルな馬体、乗り手に従順な操縦性と、どれをとっても一枚上のダートのニューヒロインと言える一頭。今回はパールコードの出走により印をひとつ落としたが、ダートでの実績ではこちらが断然上。逆転は十分に有り得ると見て馬券を検討したい。

マリーンカップ 予想【▲ホワイトフーガ】

女王ホワイトフーガが3番手。前走フェブラリーSではさすがに9着と敗れたが、苦手舞台のTCK女王盃ではコンマ1秒差の3着、その前JBCレディスクラシックでは鮮やかな快勝と、決して実力に陰りは見られない同馬。上記2頭を背後で見ながら仕掛けに入れる点が強みで、ハンデ頭の58kgも既に背負い慣れた斤量。まだまだ若い5歳牝馬で、もう一段の成長も見込めるクロフネ産駒。簡単にやられるような器ではないはずだ。

マリーンカップ 予想【△リンダリンダ】

最後は地方馬リンダリンダ。同馬は左回りで優勝経験こそないが、前走のエンプレス杯ではここで対抗に挙げたワンミリオンスに食い下がっての2着を確保。中央の馬に先着するなど充実振りが著しい。均整の取れた馬体で、相手なりに走れるのが強みの、連下にうってつけなタイプ。船橋のスパイラルカーブは4コーナーがきつい為、今回はより前に行く積極策が求められる。それも鞍上吉原騎手ならチャンスに変えてしまいそうで、ここも前走同様に激走してもおかしくない。軽視禁物だ。

マリーンカップ2017[馬券考察]

馬券は2種類。本命◎パールコードの単勝と、馬連流しで◎-○▲△の計4点で勝負!

[マリーンカップ:2017/4/12(水)-船橋競馬 第11R-20時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    リンダリンダは地方のエースではありません。今の南関の牝馬トップクラスではあるが、エースはお休み中のあの馬です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA