【名古屋大賞典2017予想】モルトベーネ本命で勝負! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【名古屋大賞典2017予想】モルトベーネ本命で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

yosou_chihou

2017/3/30(水)開催 名古屋11R 名古屋大賞典 4歳以上オープン ダート 1900m(右)

スポンサーリンク

名古屋大賞典2017[レース予想]

今年の川崎記念を制したオールブラッシュが登場し、大いに盛り上がりを見せている今年の 名古屋大賞典。同馬の他にもケイティブレイブ、ピオネロ、モルトベーネとドリームキラリといったオープン馬がずらりと揃い、迎え討つカツゲキキトキトには厳しいレースとなりそうだ。逃げを打つドリームキラリが坦々とペースを刻み、中央馬にとっては走り易い展開が予想される。ハンデ差を加味した上で、予想に臨みたい。

名古屋大賞典 予想【◎モルトベーネ】

格より勢いを重視して、同馬に本命を打った。同馬の前走は2月のアルデバランS。京都の1900mという今回と同距離で、1分57秒7の好タイムでの1着。好位からポジションを押し上げての快勝は、12番人気の低評価で2着と激走した東海Sが、フロックでなかったことを完璧に証明した。鞍上はM.デムーロ騎手で、同馬とは2戦2勝。有力他馬がハンデ増で不安が募る中、同馬は前走から1kg減と有利。この機を逃す鞍上とは思えず、上昇の勢いも他馬を凌駕。最内枠からイン強襲でタイトル奪取と見た。

名古屋大賞典 予想【○オールブラッシュ】

対抗は川崎記念の覇者である、同馬を指名する。正直、同馬の川崎記念の快勝振りには驚いたというのが率直な感想だが、その快勝に導いたのが今回も鞍上のルメール騎手である。同馬に跨る事5回、その内4勝、2着1回と完全に手の内に入れており、ハンデが最重量の59kgだからと言って凡走するような話でもあるまい。特にダートの中距離は父ウォーエンブレム産駒にとってはこれ以上無い晴れ舞台。ここも抜け出しを狙える。

名古屋大賞典 予想【▲カツゲキキトキト】

中距離のカテゴリーでは、現・地方最強の存在と言っても過言では無い同馬を単穴に指名する。同馬は昨年の大ブレイクの後も、堅実に競馬を消化し、前走・六甲盃でも後続を引き離す圧倒的な走りで勝利。好調持続を大きくアピールした。父スパイキュールに母父キングカメハメハと、素軽いスピードを持った血統背景でパワーも十分。昨年途中から大畑&木之前騎手のW主戦体制から、大畑騎手一本で本腰を入れてチーム作りをしてきた地元のエース。佐賀記念より更にメンバーは強化されるが今回は地の利もある。一発を期待する。

名古屋大賞典 予想【△ピオネロ】

最後はダートで才能が開花した、同馬を入れておきたい。同馬は以前、芝の中距離戦で、もどかしい敗戦を繰り返し、中々オープンに上がれずに苦しんだ時期があったが、ダートに替わって走りが一変。連勝でオープンを制すると、続くシリウスSでもタイム差なしの2着に突っ込むなど、アウォーディーに似た経歴で一気に上昇してきた馬だ。その後も殆ど崩れることなく高いパフォーマンスを維持し続け、ここで極端に崩れる事もちょっと考えにくい。的にされやすいドリームキラリやケイティブレイブを選ぶよりは、後ろからの脚が使える同馬の方が有利にも映る。その為、最後の一頭の枠は同馬に献上する事とした。

名古屋大賞典2017[馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[名古屋大賞典:2017/3/30(水)-名古屋競馬 第11R-16時20分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA