【大阪杯2017予想/オッズ/出走予定馬】G1昇格後初の勝ち馬は…!? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【大阪杯2017予想/オッズ/出走予定馬】G1昇格後初の勝ち馬は…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

cyumou_02

キタサンブラック・マカヒキ・サトノクラウンG1馬3頭の競演!

今年からG1に昇格なった大阪杯。特別登録時点で登録頭数が15頭とフルゲートに満たない頭数にはなりましたが、出走予定馬は実に濃厚。年度代表馬キタサンブラックにダービー馬マカヒキ、香港ヴァーズの勝ち馬サトノクラウンとG1馬3頭がぶつかるだけでなく、中距離G1ならばと色気たっぷりの各馬。現状の予想オッズも三つ巴となっており、勝つのは一体どの馬か!?

スポンサーリンク

大阪杯2017[予想される出走予定馬]

大阪杯2017/キタサンブラック

2016年度代表馬がいよいよ始動!

昨年天皇賞(春)とジャパンカップを制したキタサンブラックが今年初戦を昨年同様に大阪杯に決めて出走してきます。この春はここから天皇賞(春)⇒宝塚記念とこれまた昨年同様のローテーションを歩む予定ではありますが、昨年の有馬記念2着後も休養を経て順調に乗り込まれてきているだけに仕上がりは上々と見て良さそうです。ここも自分の競馬さえできれば脅威の粘りで上位を窺うことは間違いなさそうですが、ここからG1を3戦消化していくともなればまだまだメイチの勝負ではないことも確か。昨年の大阪杯でもアンビシャスの末脚に2着と敗退しているように今回もここメイチ勝負の馬の末脚に屈する可能性はなきにしもあらずといったところではないでしょうか。

大阪杯2017/マカヒキ

ダービー馬の意地にかけて勝利を狙う!

昨年のダービー馬マカヒキですが京都記念では圧倒的1番人気に支持されながらも3着敗退。既に評価は同世代の菊花賞馬サトノダイヤモンドよりも下というところになっている現状を打破するにはこのG1を制するしかないといったところか。海外遠征後の休み明け初戦となった前走を叩いて状態面は確実に上向いており、ここは叩き2戦目。キタサンブラックと比較すれば臨戦過程にはアドバンテージもあるように思われ、その末脚を如何なく発揮することさえできればダービーに続いてのG1制覇も十分に可能と言えるのではないでしょうか。ダービー馬の意地の走りを期待してみたいところです。

大阪杯2017/サトノクラウン

いよいよ本格化か!世界を制した実力示す!

昨年の香港ヴァーズを制してG1馬の仲間入りを果たしたサトノクラウンですが、その後の一戦となった京都記念ではマカヒキを抑えての勝利。これで2連勝としましたが、この馬の連勝は3歳時以来。これまで気性的な問題から成績も安定せずに実力を発揮できないレースも多かっただけにここにきて気性も大人になり折り合いもつくようになってきたのが連勝の要因とも言えそうです。今回は京都記念でコンビを組んだデムーロ騎手と再度のコンビ結成となれば折り合いの心配もそこまでしないでも良さそうなだけに実力発揮でキタサンブラックを負かし、再度マカヒキを負かしての勝利という場面も十分に考えられると言えそうです。

大阪杯2017/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも注目すべき馬は多数。

初G1制覇を狙う各馬がひしめきますが、中でもアンビシャスがその筆頭でしょうか。昨年の天皇賞秋4着という実績もありますが、特筆すべきは昨年の大阪杯でキタサンブラックを負かしている点。この馬にとっては連覇のかかる1戦ということになるのですが、ここは展開次第といったところでしょうか。末脚活きる展開になるならば昨年同様に勝利を手にする可能性もありそうです。

更にはステファノスも上位を窺います。こちらもG1ではあと一押し足りない競馬が続いていますが、春の中距離G1はこの馬が望んでいた舞台に他ならず、叩き良化型の馬が前哨戦の中山記念を使って一変気配を見せているだけに、一発に期待してみる手もありそうです。

他にも金鯱賞を制したヤマカツエースであったり、4歳馬ミッキーロケットも注目しておきたい1頭と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA