【日経賞2017予想/オッズ/出走予定馬】春の天皇賞を狙ってゴールドアクター始動! | 本気競馬

【日経賞2017予想/オッズ/出走予定馬】春の天皇賞を狙ってゴールドアクター始動!

スポンサーリンク

cyumou_02

翌週の大阪杯に劣らぬ好メンバーが集結!

古馬中長距離戦線は今週末にドバイミーティング、そして来週に大阪杯とビッグレースが続き各馬が、それらのレースを目標とする中で春の天皇賞を狙う各馬が日経賞に集います。出走予定馬としてゴールドアクター・ディーマジェスティのG1馬2頭を含めた重賞勝ち馬7頭が集い、予想オッズも注目度の高さが表れており、ここから天皇賞への有力候補に名乗りを挙げるのは、一体どの馬でしょうか!?

スポンサーリンク

日経賞2017[予想される出走予定馬]

日経賞2017/ゴールドアクター

ライバル不在で負けられない1戦!

昨年は日経賞・オールカマーを勝利したもののG1は未勝利となった一昨年の有馬記念馬ゴールドアクターですが、今年はその雪辱を期す1年となります。それだけに初戦の日経賞は是が非でも獲っておきたいタイトルということになるでしょうが、中山コースは抜群の相性を誇り、前走有馬記念とて、サトノダイヤモンド・キタサンブラックに次ぐ3着という成績はこのメンバーならば胸を張れる成績。そのライバル不在となれば勝ちを意識して当然というところでしょう。休み明けは(5.0.0.0)と叩き2戦目より寧ろ今回が狙い目。まさに負けられない1戦ということになるのではないでしょうか。

日経賞2017/ディーマジェスティ

問われる距離適性。果たして!?

昨年の皐月賞馬ディーマジェスティは昨秋セントライト記念を制したものの菊花賞では4着。ジャパンカップで13着と大敗し、ファンの間からは2000mあたりが最適な距離なのではないかという声が多数聞かれました。にも関わらず陣営は新設G1の大阪杯ではなくこの日経賞出走を選択。これは当然のことながら距離に心配はないという意思表示であり、自信があるからこそのローテーション選択ということになるでしょう。確かに血統的には母系はスタミナ豊富な血脈でもあり長距離に不安があるとは一概に言えない馬。周囲の雑音を振り払うような好走を期待してみたいところではあります。

日経賞2017/シャケトラ

2017年の台風の目となるのか!?

未だにキャリアは5戦。まだまだ底を見せない魅力のあるのがシャケトラ。それこそ初重賞挑戦となった日経新春杯は2着に敗れはしたものの、そのレース振りは将来が楽しみになるようなレースであったことも確か。陣営は次走を自信をもってこの日経賞に駒を進めさせてくるだけにまだまだ上積みが見込め、重賞制覇も可能と踏んでいるからではないでしょうか。勿論、先々を見据えての関東圏への輸送を経験させるという意味合いもあるかもしれませんが、ここでの走り如何では今年の古馬中長距離界を賑わす存在となることは確かで注目してみたいところです。

日経賞2017/予想オッズから見る他の人気馬

この他にも中山巧者のツクバアズマオーも中山記念からの強行軍でもそのコース適性は侮ることができない存在ですし、一昨年の日経賞の勝ち馬アドマイヤデウスとて休み明けでも警戒すべき存在であることは確かではないでしょうか。更には明け4歳のレインボーラインは菊花賞2着と長距離への可能性を感じさせる結果を残し続くジャパンカップでも6着好走しているあたり、今年の活躍が楽しみな1頭ではあります。

keiba_01

あなたにとって今週末の競馬が最高の結果となることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA