【小倉大賞典2017追い切り診断】波乱の重賞を一刀両断! | 本気競馬

【小倉大賞典2017追い切り診断】波乱の重賞を一刀両断!

oikiri

大混戦のローカルハンデ重賞は好調子の馬から買え!

フェブラリーS直前の小倉競馬場で発走となる重賞、小倉大賞典はハンデ戦ということもあってまさに大混戦模様。その中で抜け出してくる馬はどの馬か?力が拮抗している上でのハンデ戦ということであれば注目は当然、好追い切りを消化している好調な馬と軽ハンデで一発を狙える状態にある馬ということになるでしょう!

小倉大賞典2017[追い切り診断]

小倉大賞典2017/パドルウィール

状態良好。相手なりに走る!

パドルウィール 栗東CW 83.6 67.6 52.5 38.9 11.5 馬なり

金鯱賞以来の出走とはなりますが、乗り込み本数は足りており、動きもこの馬のいつも通りのもの。特にラスト1Fの脚はここ数戦以上に鋭さを感じるものであり、力は出し切れる出来にあると見ていいでしょう。金鯱賞では準オープンの身ながらに2着と好走してみせましたが、とにかく相手なりに走る馬。こういったタイプは勝ちきれなくとも常に掲示板は確保してくるようなところもあるだけに、今回ハンデも55kgならば他有力馬と比較すればアドバンテージがあり、それならば注目してみたい1頭と言えそうです。

小倉大賞典2017/ダノンメジャー

調整パターンを元に戻して巻き返し!

ダノンメジャー 栗東CW 84.1 68.0 52.5 39.2 11.4 馬なり 併せ先着

前述のパドルウィールを負かしたこともあるダノンメジャーですが、降級後再度オープン入りしてからは結果を残していない現状。そこで準オープン勝ちした際の調整パターンである最終追い切りをコースでの6F追いに戻してきた陣営。その動きは時計もまずまずでとにかく終いの伸びは特筆もの。小倉1800mはデビュー勝ちを果たした舞台でもありその舞台での重賞制覇の可能性はなきにしもあらずといったところではないでしょうか。

小倉大賞典2017/コスモソーンパーク

小倉滞在は得意中の得意!

コスモソーンパーク 小倉ダ 69.4 55.0 40.2 12.9 一杯 併せ遅れ

併せ馬で遅れたのはいただけないといえばいただけないのですが、早くから目標はここと小倉競馬場に入厩し既にこの最終追い切りを含めて2本時計を出しているあたり、陣営のやる気を感じるところではありますが、この馬にとっても小倉競馬は小倉大賞典で2着したこともあるように得意の舞台。今回全く人気になる気配はありませんが、前走ブリンカーを着用して久々に掲示板を確保。9歳でもまだまだやれるところを見せましたが、今回ハンデは55kgにまで落ちたとなれば大穴候補として一考しておきたい馬ということになるのではないでしょうか。

小倉大賞典2017/追い切りから見る他の注目馬

上記3頭、人気薄になりそうな馬でピックアップしておきたい馬を挙げてみましたが、人気どころの馬も準備万端といったところでしょうか。

ストロングタイタン・・・坂路で抜群の動きを披露。小倉は3戦3勝と好相性。

ベルーフ・・・フォーリー騎手騎乗で入念な調整。得意の小倉で勝負気配。

クラリティスカイ・・・小倉滞在で落ち着きあり。終いの伸びは秀逸。

更にはフルーキーケイティープライドといったところまでチェックはしておきたいところではありますが、これまでに馬を挙げてしまうと果たしてどの馬を軸としてどのように馬券を買えばいいのかは非常に悩んでしまうところではありますね。

tohyoken_01

それでは今週末の競馬で思わぬ高配当をみんなでゲットしましょう♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA