【たんぽぽ賞2017予想】テイエムヒッタマゲ本命で勝負! | 本気競馬

【たんぽぽ賞2017予想】テイエムヒッタマゲ本命で勝負!

yosou_chihou

2017/2/7(火)開催 佐賀9R たんぽぽ賞 3歳 ダート1400m(右) 定量

たんぽぽ賞2017[レース予想]

佐賀のビッグレースの一つである、たんぽぽ賞。九州産馬の発展の願いが込められた限定戦だが、出走馬12頭の内、テイエムを冠する馬が実に半数を占める6頭と大挙出走してきた。中でも注目は人気の中心となりそうなテイエムヒッタマゲで、同馬が先行してペースはやや速くなりそうだ。中央の馬が毎年優勝を攫っているレースで、今回もタイム比較ではやはり中央勢に分がある。走破タイムは1分30秒を切るくらいと見て予想に臨みたい。

たんぽぽ賞 予想【◎テイエムヒッタマゲ】

新馬戦快勝から高次元で安定している、同馬を本命に指名する。同馬は竹園オーナー肝煎りのテイエムオペラオー産駒だが、ダートで勝ち上がった父の血を受け継いで、安定感有る走りを砂上で見せている。前走では中京1400mダートを1分25秒7の高速時計で駆け抜けており、ダートであれば中央でも勝負になるだけの走りを披露している。出走メンバーとのタイム比較では断然の優位に立ち、後は佐賀のコース適性次第と言ったところ。先行力の有る馬で小回りも問題なさそうで、凡走はまず無いと見ている。ここは通過点にしたい。

たんぽぽ賞 予想【○テイエムミナンカゼ】

対抗は、本命と同じ馬主・同じ種牡馬の同馬を指名する。同馬は初戦をテイエムヒッタマゲの2着と敗れたが、2戦目にすぐ勝ち上がると続くひまわり賞で5着。前の馬には離されたものの、持ちタイムは上位でまだ差を詰められそうな存在だ。好位で流れに乗って競馬が出来るタイプで、テイエムヒッタマゲが作るペースは同馬にとっても走り易いはず。鞍上も全3戦で手綱を取っている高倉稜騎手で不安は少ない。オーナーの意地の配合で、同一種牡馬のワンツーフィニッシュを狙う。

たんぽぽ賞 予想【▲テイエムチューハイ】

3番手には2走前・ノカイドウ特別を制している、同馬を指名する。佐賀の2歳の中央交流競走であるノカイドウ特別とミヤマキリシマ特別だが、この2つのレースは同日に連続して行われたので比較がしやすい。結果から言って同馬が制したノカイドウ特別の方がタイムも中身も濃く、前哨戦としてはこちらが上位と考えて、まず間違いは無いはずだ。同馬は4コーナーでのペースアップにもすぐさま対応して見せた点が強みで、上がりも最速、タイムも今回のVタイムとして合格点を与えられる1分29秒7だ。上記2頭は中央の九州産限定レース以外でも活躍の可能性を秘める実力馬だが、同馬は佐賀のコース経験が武器に出来る。ここも好走必至だ。

たんぽぽ賞 予想【△テイエムソッキュウ】

最後は、テイエムだらけになってしまうが、タイム比較で外せない存在の同馬を指名する。同馬は前走・はこべら賞で、最低人気の最下位と見どころ無く敗れはしたが、ひまわり賞では2番人気で3着、タイムも1200mを1分10秒6で駆け抜け、テイエムミナンカゼにも先着を果たしている。山内厩舎は現在こそ勢いが無いが、大舞台に名馬を続々送り出してきた名門厩舎で、仕上げに関して抜かりは無いはずだ。そこに佐賀の名手・山口勲騎手を起用したとなると、本気で勝ちに来た気迫が感じられ、佐賀の舞台を味方につけて一気の巻き返しも有り得るところ。低迷を払拭する走りも見せられると見て、注目の一戦だ。

たんぽぽ賞2017[馬券考察]

馬券は2種類。

馬複流しで◎-○▲△の3点と、3連複2頭流しで◎○-▲△の2点を追加して計5点で勝負!

[たんぽぽ賞:2017/2/7(火)-佐賀競馬第9レース-16時00分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA