【川崎記念2017予想/オッズ/出走予定馬】今年初の交流G1レースを制するのは!? | 本気競馬

【川崎記念2017予想/オッズ/出走予定馬】今年初の交流G1レースを制するのは!?

cyumou_01

2017年初の交流G1レースを制するのはどの馬か!?

2/1(水)は川崎競馬場で川崎記念が発走となります。Jpn1とはいえ今年初のG1格レースとなるだけに競馬ファンも注目の1戦とはなりそうですが、昨年のダート戦線を盛り上げたアウォーディーやコパノリッキーは不在。ともなれば新たなスター誕生に期待してみるのも面白そうですね。

川崎記念2017[出走予定馬]

川崎記念2017/サウンドトゥルー

メンバー唯一のG1馬の意地にかけても勝利を誓う

昨年のチャンピオンズカップを制しており、一昨年の東京大賞典の勝ち馬でもあるサウンドトゥルーが川崎記念に駒を進めてきます。

昨年凌ぎを削った強力なライバル不在ならば、自身の存在を見せつけたいところでしょう。川崎2100mは(0.1.1.0)と決して苦手とする条件でもなく、展開的には末脚の活きる展開を希望したいところでしょうが、このメンバーならば展開を敗因にしたくないといったところ。強い競馬を見せてくれることを期待したい1頭であることは間違いのないところです。

川崎記念2017/ケイティブレイブ

強い明け4歳勢の代表的存在がG1初制覇を狙う!

先日の東海ステークスを制したグレンツェントも明け4歳馬ですが、そのグレンツェントとも互角の競馬をし、既に古馬相手の交流重賞でも白山大賞典・浦和記念と2勝を挙げて頭角をあらわしているケイティブレイブは既にこのメンバーでも胸を張れる実績があり、十分に勝ち負け可能な力を持っている馬と言えるでしょう。

メンバー的にもここはハナに行く競馬が想定され、目標にされると終いが多少甘くなる懸念はありますが、サウンドトゥルーの末脚を封じるような早めに動いての粘りこみの競馬ができればチャンス十分でしょう。気になる点といえば昨年の夏から休みなくコンスタントに使われているあたりでしょうか。見えない疲れがなければ問題なく力を発揮してくることでしょう。

川崎記念2017/バスタータイプ

長期休養明けを叩いて上昇の素質馬!

昨年3連勝でオープン特別の総武ステークスを制すると、続く重賞マーチステークスでも2着に好走。活躍が期待される中で長期休養を余儀なくされてしまったバスタータイプですが、前走のポルックスステークスで戦列復帰(5着)すると、次の目標をこの川崎記念に定めて調整を進められてきました。

その前走はそれこそ余裕残しの仕上げで試走といった感もありましたが、今回は攻めの動きからしても良化は歴然で、一変気配が漂っています。地方交流重賞も左回りも初めてとなるだけに未知数な部分が多いともいえますが、逆にその未知な部分に賭けてみる価値は十分にあると言えるのではないでしょうか。

川崎記念2017/その他の中央馬

中央馬は他に3頭。長距離のオープン特別を連勝して臨むミツバはこれが初の交流重賞となりますが、ここ2戦のレース振りを見れば通用してもおかしくない力をつけていることが窺えるだけにマークしておく必要があるでしょうし、2連勝でオープン入りを果たしていきなりの重賞挑戦となるオールブラッシュとて、その勢いを侮ることのできない存在といえそうです。

中央馬の中では一番評価が低くなりそうなコスモカナディアンも持ち前の粘り強さを活かせる流れになれば掲示板くらいはあってもおかしくないと言えそうです。

川崎記念2017/注目の地方馬

今年の川崎記念は地方所属馬にも注目しておいた方が良さそうです。

特に注目なのはケイアイレオーネということになるでしょう。地方馬とはいえ中央からの移籍馬であり、中央時代にはシリウスステークスを制している重賞ウィナーでもあるだけにその実績はミツバやオールブラッシュよりも上といえる存在です。前哨戦の報知オールスターカップを快勝して臨む1戦は当然勝ち負けを意識しての1戦となりそうです。鞍上の的場文男騎手といえば競馬界のレジェンドとも言える還暦を迎えた鉄人ジョッキー。この年で交流G1制覇となれば競馬界も大きく盛り上がることでしょう。

もう1頭挙げるならばハッピースプリントでしょう。一昨年のような中央馬に食い込むことのなかった昨年の競馬にはなりますが、それでも大敗はしていないだけに流れ一つ、気持ち一つで食い込みあってもおかしくないと言えるのではないでしょうか。

DSC03853

それでは皆様の予想が的中することをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA