【梅桜賞2017予想】ヤマミダンス本命で勝負! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【梅桜賞2017予想】ヤマミダンス本命で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

yosou_chihou

2017/1/31(火)開催 名古屋10R 梅桜賞 3歳 ダート 1800m(右)

JRA優駿牝馬(オークス)のステップ競走ブロック代表馬選定競走

スポンサーリンク

梅桜賞2017[レース予想]

昨年は単勝92,7倍の超大穴・モズキンボシが鋭く追い込んで優勝をさらった梅桜賞。明け3歳の牝馬にとって、未知の領域となる1800m戦はタフな競馬が求められる舞台だ。今回の出走メンバーでは、東京2歳優駿牝馬で人気に推されながら15着大敗を喫したヤマミダンスの再起がかかるが、同型メモリーミラクルとの兼ね合いに大外枠の不利など課題も多い。未だ勢力図が固まらない3歳牝馬路線において、クラシックの主役に名乗りを挙げるのはどの馬か。

梅桜賞 予想【◎ヤマミダンス】

本命は、前走の敗戦で配当妙味が増した同馬を指名する。同馬の前走・東京2歳優駿牝馬は非常にハイレベルなメンバーで争われたが、同馬は逃げもできず、全く自身の走りをさせてもらえないまま、2番人気でブービー負けと初の大敗を喫した。この敗因が不明ならここでもまず本命には推せないが、理由は輸送での馬体減と調整の失敗によるもので、当日のパドックでも同馬の馬体は明らかに細化がはっきりと認められた。正直この時点で既に勝負あったという感じで、馬体が戻ればパフォーマンスも戻ってくると考えるのが妥当な判断だろう。大外枠は巻かれない上、立ち回り易いのがいい。今度は普通に逃げてトラックを回ってくるだけで結果はついてくるはずだ。

梅桜賞 予想【○スターレーン】

対抗は兵庫から参戦の重賞2着馬、スターレーンを指名する。同馬は門別でデビューして2勝を挙げて兵庫入りしているが、その後は4戦連続で連対を確保しており、重賞でも遺憾なく実力を発揮している。2走前のアッパートライでは1700m戦を1分52秒4で走破しており、100m距離が伸びても机上の計算では例年のVタイムレベルなら優にクリアしている。更に今回は鞍上に、愛知の名手・岡部誠騎手を起用し勝ちに来た印象も見受けられる。父スマートファルコンは地方競馬場で大活躍した中距離馬だけに血統も後押し。ここは争覇圏だ。

梅桜賞 予想【▲スダチチャン】

3番手には先行巧者の大山騎手が騎乗する、同馬を挙げておきたい。同馬は前走3歳1組で1400m戦を2着。タイムも平凡なものでこれだけ見れば強調しにくいが、小柄な馬ながら中央デビュー時より20kg馬体を増やし、前走では上がり最速の末脚を披露するなど、確実に良化の一途を辿っている成長株だ。更に今回は最内枠で好位競馬ができる点も好感で、このレースに強い兵庫所属馬なのも買い材料。ペースに合わせて競馬ができる自在性も有り、前がやり合う展開でもじっとしていられるのが強み。タイムが短縮されるのも歓迎のクチで、ここでも善戦は十分可能だ。

梅桜賞 予想【△ビックアマゾネス】

最後は前走2着と好走した、同馬を挙げておく。同馬の前走は園田の1400m戦だが、ここを1分33秒6ともう一押し欲しいタイムで2着。まだまだ良化途上ではあるが、それでも上がり最速をマークして後方から追い込んだ競馬は見事で、昨年のモズキンボシの再来があるとすれば、兵庫所属の同馬ではないかと思う。距離はまだ未知数だが血統背景は中距離血統で、まず問題なく走れそう。あとは前が速くなれば差し届くシーンも有ると見て、穴に一考しておく。

梅桜賞2017[馬券考察]

馬券は2馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負

[梅桜賞:2017/1/31(火)-名古屋競馬第10レース-15時45分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA