【TCK女王盃2017予想/オッズ/出走予定馬】砂の女王ホワイトフーガ登場! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【TCK女王盃2017予想/オッズ/出走予定馬】砂の女王ホワイトフーガ登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ooi_01

2017年の砂の女王を巡る争いがいよいよ勃発!

今年の砂の女王に君臨するのはどの馬か?2017年初の交流重賞は大井競馬場で発走となるTCK女王盃。昨年のJBCレディスクラシックを制したホワイトフーガをはじめ、今年の牝馬ダート戦線を賑わす存在が揃って注目の1戦となることは間違いなし!しっかりと予想されるオッズと出走予定馬を分析して、きっちりと馬券を的中させてしまいましょう!

スポンサーリンク

TCK女王盃2017[予想される出走予定馬]

TCK女王盃2017/ホワイトフーガ

課題は斤量58kgのみ!?最強女王がいよいよ始動!

昨年のJBCレディスクラシックを制して連覇を達成したホワイトフーガ

もはや国内牝馬ダート戦線に敵なしといったところですが、今年初戦のTCK女王盃も当然勝ちに来ることは間違いなし。まともに走ればまず勝ち負けという評価となることは異論がありませんが、唯一突っ込む余地があるならば58kgという斤量でしょうか。牡馬換算すれば60kgを背負うこととなるだけに、休み明け初戦で斤量負けして末脚が鈍って、差し切られるというようなレースになる可能性も否定はできません。とはいえ、昨年のスパーキングレディCでこの58kgを克服しているだけにその心配も杞憂に終わるのかもしれません。

TCK女王盃2017/ワンミリオンス

新・砂の女王へ向けて試金石の1戦!

1000万下・準オープンを連勝して臨む初のオープンが交流重賞。しかも1800mの距離も初経験となるワンミリオンスですが、それでもその可能性に賭けてみる魅力に溢れている1頭と言えるでしょう。

まだまだダートで底を見せていない魅力。準オープンクラスでも強い牡馬相手でもしっかりと1戦で結果を残した素質は牝馬限定戦でもやれていいのではという期待のもてる走り。距離の1800mだけこなしてしまえば、あっさりホワイトフーガを負かしてしまっても驚けない逸材であると言えるかもしれません。鞍上は南関東を知り尽くしている戸崎騎手を配しているあたりも陣営もやる気満々といったところではないでしょうか。

TCK女王盃2017/トーセンセラヴィ

地方所属馬の交流重賞制覇なるか!?

昨年のJBCレディスクラシックでも3着に食い込み、続く東京シンデレラマイルを勝利。管理する小久保調教師から今年の目標はJBCレディスクラシックと宣言し、中央馬とも十分に戦えると自信満々のコメントが出ているトーセンセラヴィが中央馬との戦いに再度挑みます。

確かにJBCレディスクラシックだけ走れれば好走してもおかしくない力のある馬ともいえ、ホワイトフーガと今回斤量差が3kgあるならば逆転あってもおかしくない1頭と言えるのではないでしょうか。

TCK女王盃2017/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも昨年唯一ホワイトフーガを負かした牝馬となるタマノブリュネットや、前走クイーン賞だけで見限ることのできないマイティティタイニーダンサーも牝馬限定戦ならばまだまだ好走の余地のある実績馬と言えそうです。
更に地方馬からも前走東京シンデレラマイルでトーセンセラヴィと接戦を演じた明け4歳馬リンダリンダも今年の飛躍を狙う1頭ということならば注目しないわけにはいかないのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA