【根岸ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】ベストマッチョは大物か!? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【根岸ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】ベストマッチョは大物か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

cyumou_03
フェブラリーSへ向けて有力馬が集う!

いよいよ今週末からフェブラリーSを最終週に控える1回東京開催が開幕となります。その開幕週のメインは根岸ステークス。ここに集う出走予定馬はフェブラリーS直結の前哨戦として例年有力馬が出走してきますが、今年もG1馬ベストウォーリアやコーリンベリーをはじめ、大物と噂されるベストマッチョもエントリーしてきて、予想オッズも含めて非常に興味深い1戦となりそうです。

スポンサーリンク

根岸ステークス2017[予想される出走予定馬]

根岸ステークス2017/ベストマッチョ

ベストマッチョ 牡4 手塚厩舎

昨年のモーニンと同じように大物と噂される明け4歳馬ベストマッチョ。これまでの戦績は5戦4勝。いずれも派手さはないレース振りでもきっちりと勝利するあたりは、勝負強さは相当なものであると感じさせる走りであったことを考えれば、初重賞挑戦となる根岸Sでも当然注目の的となることは間違いのないところではないでしょうか。昨年のモーニン同様にここを勝って一気にG1制覇なるかには注目したいところではありますが、モーニンと違うのはここが重賞初挑戦となるだけでなくオープン昇級戦であるという点。果たして力は通用するのか等、不安な点もありますが、ここを突破するようであれば一躍フェブラリーSの有力候補になることは間違いのないところでしょう。

根岸ステークス2017/ベストウォーリア

ベストウォーリア 牡7 石坂厩舎

マイルCS南部杯を連覇するという実績を持つベストウォーリアですが2016年シーズンは未勝利に終わるという意外な結末に。明け7歳となり衰え説も囁かれはじめていますが、昨秋はマイルCS南部杯、JBCスプリントと2着には来ているだけにまだ衰えを言うのは時期尚早というもの。これまでも鉄砲駆けで結果を残してきているだけに休み明けに心配もないところ。昨年未勝利ということで人気を落としてくるのならばその力からしても狙ってみたい1頭となるのではないでしょうか。

根岸ステークス2017/カフジテイク

カフジテイク 牡5 湯窪厩舎

昨年のチャンピオンズCでは出走予定メンバーの中では最先着の4着。徐々に力をつけてきたカフジテイクがいよいよ今年のブレイクを狙って根岸Sに駒を進めてきます。常に後方からの競馬をする馬だけに展開の助けはある程度必要となるかもしれませんが、それでもその末脚の破壊力はここでも十分に通用するものと言えそうで、何より東京ダート1400mは(2.0.0.0)と相性抜群の舞台。賞金的にもフェブラリーSを狙うにはここは勝つしかない舞台ともなれば、陣営も当然勝利を意識した仕上がりを施してくること間違いのないところでしょう。

根岸ステークス2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも注目すべき馬は多数。

コーリンベリーは一昨年のJBCスプリントを制している実績馬。ベストは1200mかもしれませんが決して1400mがダメということはなく、最近では控える競馬でも結果を残しているだけにこの条件でも軽視は禁物でしょう。

キングズガードは昨年ダート1400mに限れば(4.1.1.0)という抜群の結果を残しており、重賞実績もある馬。前走の武蔵野Sこそ4着でしたが、今回ベストの距離でもう一押しあっての重賞制覇の可能性もある馬と言えるでしょう。

更にはノボバカラニシケンモノノフといった重賞勝ち馬もいれば、タールタンという東京ダート1400mのスペシャリストもエントリーしてきており、ここはとにかく注目馬が多数!
果たしてどの馬が勝つのか、非常に悩ましい1戦となりそうですね。

keiba_01

あなたにとって今週末の競馬が最高の結果となることをお祈りしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA