【東海ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】グレンツェント覚醒の時! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【東海ステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】グレンツェント覚醒の時!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

cyumou_03

フェブラリーステークスを見据える砂の精鋭が集う!

1着馬にはフェブラリーSへの優先出走権が与えられる東海ステークス。

過去にはグレープブランデーとコパノリッキーがこのレースを制してからフェブラリーSを制しているように、G1直結ともいえる前哨戦からは目が離せません!

出走予定馬の予想オッズから、今年の注目はやはり期待の明け4歳馬グレンツェントということになりそうです!

スポンサーリンク

東海ステークス2017[予想される出走予定馬]

東海ステークス2017/グレンツェント 牡4歳

明け4歳馬といえばケイティブレイブが昨年は浦和記念を制するなど、既に古馬との対戦でも結果を残していますが、そのケイティブレイブをレパードSであっさり負かしたのが、このグレンツェントならば、この馬にも当然注目でしょう。

古馬との対戦でもみやこSで2着し、師走ステークスを快勝しており力上位は歴然。賞金的にはフェブラリーS出走を叶えるには、ここでも賞金加算せねばボーダーラインというところもあるだけに力の入る一戦でしょう。

最低でも2着。狙うは優先出走権という明白な目標のあるグレンツェントには注目です。

東海ステークス2017/アスカノロマン 牡6歳

チャンピオンズカップで人気薄で3着と好走したアスカノロマンですが、その実力は侮ることのできないもので実績も十分。好走する余地は十分にあったと言えるでしょう。

何より中京コースは抜群の相性を示しており、昨年秋こそ戦績が奮いませんでしたが、元々、冬場がとにかく相性のいい馬だけにこの東海ステークスこそがベストの条件といえる舞台なだけに陣営も目標はあくまでもフェブラリーSでしょうがここは狙って獲りにくる舞台と言えるだけに注目しておきたい1頭です。

東海ステークス2017/ラストインパクト 牡7歳

暮れの東京大賞典に登録したことでも話題となりましたが、やはり陣営は本気でダートを試すつもりなのでしょう。一昨年のジャパンカップ2着馬のラストインパクトが東海ステークス挑戦を予定しています。7歳にして初ダートというのがどうかでしょうが、常識的に考えれば軽視でいいところではありそうです。

ただ、芝のG1でも好走する底力とダート挑戦を決断したのがあの角居調教師ということを考えると、ただ単に頭打ちだからダートを試すというよりも、ダートが向くという確信があるからとも思えてしまいます。あまり人気するようならば軽視したいですが、逆に人気薄になるようならば一発を狙って抑えておく価値はあるのかもしれません。

東海ステークス2017/ピオネロ 牡6歳

5歳にして初ダートを試して見事にブレイク。2連勝で臨んだ重賞シリウスステークスでも2着に好走し高い砂適性を示したピオネロですが、元々デビュー時よりその能力は高く評価されていた馬だけにこれ位走っても当然といえば当然のところなのでしょうか。

今回は更に相手も強化されますが、前走シリウスSとてマスクゾロには敗れはしましたが、3着のアポロケンタッキーが後に東京大賞典を制したように決してメンバーが楽であったとも言えない中での2着であったことは評価できます。

今回が本当の試金石ということになるかもしれませんが、アウォーディーに続いて今年はピオネロが芝からダートに転向してのサクセスストーリーを歩む可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

東海ステークス2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にもロワジャルダンインカンテーションといった実績馬もエントリーしてきており、フェブラリーステークスへ向けてメンバーが揃った感もあります。

あくまでも前哨戦であるということを考えれば、その中でどの馬がきっちり仕上げてきており、この重賞を勝ちにくるかを見極めることがこのレースのポイントとなってくるかもしれません。

keibajo_02

それでは今週末もしっかりと馬券を的中させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA