【新春賞2017予想】バズーカ本命で勝負! | 本気競馬

【新春賞2017予想】バズーカ本命で勝負!

DSC03853

新春賞2017[レース予想]

伝統有る古馬のハンデ重賞、新春賞。園田競馬の新春を告げるに相応しい、精鋭12頭が顔を揃えた。ハンデ頭は暮れの金盃を制したバズーカの58kg。2番手のタガノトリオンフ以下と3kg以上の差を付けて、今回は試練の出走となる。このタガノトリオンフが逃げてペースを作りそうで、レッドダニエルやアサクサセーラもこれに合わせてペースは淀み無く流れそう。3〜4コーナーの勝負どころでの動き出しに注目だ。

新春賞 予想【◎バズーカ】

ハンデはさすがに見込まれたものの、好調時の勢いが凄まじい同馬に期待する。同馬は前走・金盃で、それまでの不調を払拭する素晴らしい好位抜け出しを見せた。好メンバーの中5番人気に甘んじていたが、他の強豪古馬相手にメンバー中上がり最速、1馬身半差を付ける完勝を演じて来た。今回は前回よりもハンデが2kg増な上、他馬とも3kg以上の差が影響する懸念は有るが、好調時の勢いには目を見張るものが有るのも事実。鞍上は名手・木村健騎手で、一気の3連勝を目指して驀進する。

新春賞 予想【○タガノトリオンフ】

園田では11-0-1-1、唯一の馬券圏外も4着という安定感の、同馬を対抗に指名する。同馬は前走、ダートグレードで活躍中のトーコーヴィーナスを相手に完勝。番手マークから4コーナー先頭の競馬で、見事にライバルを振り切って見せた。2走前に牡馬混合の重賞・姫山菊花賞で園田初の馬券圏外に敗れたが、すぐに態勢が立て直されて、強敵相手に完勝し、しかも走破タイムまで詰めたのだから立派だ。ハンデ55kgは、同馬が牝馬で有る事を考えれば2番目に見込まれた数字だが、それだけの力量は有る。今回も勝負になるはずだ。

新春賞 予想【▲エイシンニシパ】

単穴には、若き4歳世代の期待馬・エイシンニシパを挙げておきたい。同馬は前年、交流重賞にも積極的に参戦し、見事に2勝を挙げるなど活躍を見せた馬だ。地元園田の成績は3-2-2-1の安定感で、ダービーでは勝ち馬ノブタイザンとタイム差無しの接戦だった。爆発力より安定感に優れたタイプで、どんな競馬でも持ち味が発揮できる馬。得意の好位競馬で中距離戦の今回は必ず結果を出すはずだ。

新春賞 予想【△セブンフォース】

名前通り7歳を迎えた実力馬・セブンフォースを最後に指名する。同馬は昨年夏に園田に移籍してきたが、中央では準オープンで好走していた実績馬である。中距離を主戦場に活躍が期待されたが、一時から急に走らなくなり、今へと至っている。個人的には馬体が絞り切れなかった事が原因と思われ、前走で絞れてきた事が、今回好走に結びつく可能性は有ると見ている。元々切れるタイプでは無いので、大外枠は好都合。追われるほどに伸びる性質を、笹田騎手が引き出せば面白いレースになる。

新春賞2017[馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎〜△の計6点で勝負!

新春賞は2017/1/3(火) 園田競馬/10レース/15時55分発走

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA