【東京大賞典2016予想】コパノリッキー本命で勝負! | 本気競馬

【東京大賞典2016予想】コパノリッキー本命で勝負!

スポンサーリンク

DSC03853

スポンサーリンク

2016 東京大賞典 [レース予想]

今年も東京大賞典は、中央勢の層が分厚い。ダートの天才コパノリッキーに、新星アウォーディーと昨年の覇者サウンドトゥルーなど素晴らしいメンバーが参戦してきた。対する地方馬には対抗し得る存在を見出せず、状況は完全に「中央のG1」と化している。コパノリッキーがどういうペースで競馬をするかによるものの、ペースは概ね落ち着きそうで最後は各馬余力が残る展開になりそう。道中の位置取りが着順を左右しそうな一戦だ。

東京大賞典 予想【◎コパノリッキー】

このところ大スランプに陥っているが、大井は得意の同馬を本命に指名する。同馬の大井の成績は、ここまで2-2-0-1と連対を外したのは昨年のこのレースだけ。その敗戦の理由は、息の入らない淡々とした流れを最初から最後まで続けてしまったからに他ならない。今回のメンバーを見渡してみれば、前半流れる事が理想のアウォーディーと、後方待機が身上のサウンドトゥルーが人気を2分する事は間違いない状況。そういう意味では自身がペースの鍵を握れるところに、大井出身の戸崎騎手へのスイッチ、そしてそれによるスローペースが激走を予感させる。元々最低人気でG1を勝利した馬でも有り、今年の最後にきっちり存在感を示してくれると期待する。

東京大賞典 予想【○アウォーディー】

ダートではほぼパーフェクトな成績を残している、同馬を対抗に指名する。同馬は今年、ダート界を席巻するほどの活躍を見せたが、その原動力になったのが類まれなパワーと、伸びの有るスピード、そして厚みの有る馬体であろう。今回のスローペースがこの馬にとってどうかという点はあるが、前に行くコパノリッキーを熟知している武豊騎手が鞍上なら凡走はまず無いはずだ。実際、名古屋大賞典では道中自分から動き、後続を大差で引きちぎる圧勝を見せており、むしろ得意な部類かもしれない。今回はその時よりも大幅にメンバーが強化されているが、同馬は今やJBC優勝馬。堂々の走りでもう一つビッグタイトルを狙う。

東京大賞典 予想【▲ノンコノユメ】

去勢明けから元気が無いが、有馬記念優勝・ルメール騎手とコンビを組む同馬を3番手に指名する。正直、同馬の去勢には驚きを禁じえなかったが、それだけ乗り難しい馬をルメール騎手が制してきた事に、今更ながら頭が下がる想いだ。その同馬が切れ味を失ってここ2戦苦しんでいる。その暗雲を晴らすとすれば、やはりコパノリッキーが作るペースが関係してくるのでは無かろうか。同馬は今年の帝王賞で見事連対を果たしたが、その時の勝ち馬こそコパノリッキーであった。ペース的にも途中で息の入りそうな今回は、この時の経験が活きると見られる。復活の足がかりを掴み、来年もダート戦線の主役を担う一頭として、輝きを取り戻して欲しい。

東京大賞典 予想【△サウンドトゥルー】

最後はチャンピオンズカップを制した、同馬を指名する。同馬は前年の覇者であり、ディフェンディングチャンピオンで有るが、今年は昨年とは様相がかなり違う。というのも、一つには同馬が前走でG1を制してきた点と、二つには昨年よりははるかにスローペースになりそうなメンバー構成で有る事だ。この二つが意味するものは、同馬へのプレッシャーであり、更に人気を背負う今回はより仕掛けが難しくなるだろう。末を活かす競馬では届かず、捲れば持ち味が損なわれる・・・。そんな懸念が付き纏う為、今回印はこの位置とした。実力は証明済みだが、鬼門の一戦となりそうだ。

2016 東京大賞典 [馬券考察]

馬券は4種類◎単勝1点と、馬複流しで◎-〇▲△の3点、それから3連単1着流しで◎→〇▲△の6点と、対抗逆転の〇→◎→▲△の2点を追加して、計12点で勝負!

東京大賞典は12月29日、大井競馬第10レース、16時30分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA