【仙酔峡賞2016予想】ダンシング本命で勝負! | 本気競馬

【仙酔峡賞2016予想】ダンシング本命で勝負!

2016 仙酔峡賞 [レース予想]

園田から転厩初戦の、アポロジョージアが先手を主張しそうなメンバー構成。同馬の実力は園田のC2クラスの為、重賞のここで逃げ切りは厳しそうだが、他にハナを奪いそうな馬が見当たらない為、同馬もスローに落としてペースは落ち着きそうだ。これに隣枠のコウギョウハンサムや、前走差しで良績を残せなかったモリデンボス辺りが続きそう。馬群は一団となりそうで、勝負どころでの動き出しが明暗を分ける一戦と見た。

仙酔峡賞 予想【◎ダンシング】

本命は前走・久住山賞で重賞2着の実績で臨む同馬が相応しい。同馬は前走、飛燕賞の勝ち馬で南関東でも実績を挙げている、サプール相手に2着と健闘。佐賀1400mの舞台では1分28秒0の好タイムを保持しており、その際下したテイエムシシオーも重賞の上位常連で有る事から、同馬も相当の実力馬で有る事は間違いない。母父リアルシヤダイの血統よりは父アッミラーレが強く出ているが、成長力が補完されてまだ伸びしろが有りそうだ。ペースに合わせて自在に立ち回れる強みを活かして、混戦を有利に運ぶと見た。

仙酔峡賞 予想【○モリデンボス】

対抗には前走で佐賀のダートを初経験した同馬を指名する。同馬の移籍前の成績は門別A2戦で5着。ただ、前に行く馬には離されており、頭数も少なかった事から正直実力には疑問が残る。それでも、父アメリカンボスの血統からも晩成傾向と穴馬の素質は有りそうで、頭打ちの今回のメンバーでは、ハイレベルな門別のAクラスでの連戦は上位のローテーションと見られる。最内枠で田中純騎手なら今回は先行しそうで、前残りがあるとすればこの馬の可能性が高そうだ。

仙酔峡賞 予想【▲アポロジョージア】

3番手には単騎逃げ濃厚の同馬を指名する。同馬の成績で特徴的なのは、デビュー戦に強い事だが、中央デビューの新馬戦では6番人気で快勝、園田移籍の初戦では1番人気で連対と共に好成績を収めている。クラス再編とその後の凡走で現在はC2クラスだが、佐賀のBクラス善戦レベルのメンバー構成なら、よもやの逃げ切りも有り得る。佐賀デビュー戦の今回、好走ジンクスを味方にした大駆けを警戒しておく。

仙酔峡賞 予想【△パラゴン】

前走・柊賞で2着と健闘して見せた、同馬を4番手に指名する。同馬は現在8歳を迎えたセン馬で有るが、前走では初めて佐賀のコースで連対を果たすなどまだまだ走れる一頭だ。元々大井のCクラスでタフに賞金を稼いで来た馬であるが、前走では時計を詰め、慣れの見込める今回は更に前進が有っていい。周りを見渡せば前走連対馬も少ない一戦で、不安定なメンバーだからこそ、乗っている時のセン馬の爆発力が怖い。ここはもう一丁連対を果たすシーンも想定しておく。

2016 仙酔峡賞 [馬券考察]

・馬券は馬複
×にテイエムトッピモンを追加して、流しで◎→○▲△×の計4点で勝負!

[仙酔峡賞は2016/12/18(日)佐賀競馬第11レース16時45分発走予定]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA