【カペラステークス2016出走予定馬】コーリンベリーなど1週前注目馬考察 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【カペラステークス2016出走予定馬】コーリンベリーなど1週前注目馬考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2016/12/10開催「カペラステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

スポンサーリンク

カペラステークス(G3) [1週前出走予定馬]

  • コーリンベリー/(牝5)/(小野/美浦)
  • ブルドックボス/(牡4)/(西浦/栗東)
  • カフジテイク/(牡4)/(湯窪/栗東)
  • ブライトライン/(牡7)/(鮫島/栗東)
  • ノボバカラ(牡4)/(天間/美浦)
  • タールタン(牡8)/(吉村/栗東)
  • キクノストーム(牡7)/(吉田/栗東)
  • グレープランデー(牡8)/(安田隆/栗東)

■2016/11/30現在

カペラステークス(G3) [注目馬考察]

コーリンベリー

ダート短距離界での実績を考えればこの馬が最上位の存在だろう。先日のJBCスプリントを制したダノンレジェンドが引退を発表し、確固たる存在がいなくなってしまったダート短距離路線。今後のこの戦線を引っ張っていくのはこの馬で間違いないだろう。前走のJBCスプリントでは1,2着馬には離されたものの3着はしっかり確保。終始内側の経済コースを通った上位2頭とは違い、不利な外枠から位置を取りに行く強引な競馬だったので最後はその分離されてしまった印象だ。スムーズなレースが出来ればこの馬の粘りはなかなかのものがあるので、今回のメンバーであれば上位争いは十分に可能と判断しました。

ブルドッグボス

年明けから徐々に頭角を現し、本格化の兆しを見せていたこの馬だが未だに重賞制覇はなしとなんとも言えない歯がゆい競馬が続いている。交流重賞ではあるものの重賞は2着が2回とあと一歩のところまで来ていることは間違いない。前走のOP特別も強気な競馬で相手を捻じ伏せるように快勝しており、状態は相変わらず良いと思います。ここまで17戦して馬券圏外はわずかに3回という超がつくほどの堅実派で、馬券の軸にするには最適な馬といえます。メンバー的にもここは重賞制覇の大きなチャンスですので、上位争いに食い込む走りを期待したいと思います。

ノボバカラ

過去の戦歴を見れば、当然この馬も勝ち負けに加われるだけの実力の持ち主といえます。近2走は着順を落としていますが、過去にはダノンレジェンドと差のない競馬を見せていたこともある実力馬です。重賞制覇も経験があり、その際は今回も出走を予定しているブルドックボスを負かしていますから地力の高さは証明済みといっていいでしょう。近2走については、自分のリズムで競馬を運ぶことができずの敗戦になりますので度外視していいと思います。しっかり前で自分の競馬が出来れば、そう簡単には大崩れすることはないと思いますので位置取りには注目してみてみたいと思います。

カペラステークス(G3) [今後の動向]

チャンピオンズカップはエントリー自体が少ないので、例年だと除外となりそうなカフジテイクやブライトライン辺りはチャンピオンズカップに向かうものと思います。今回の見所は短距離戦ということもあり、一つのミスが命取りとなりますのでスタートには注目するといいでしょう。あとは前が有利といわれているダート短距離戦なので先行争いにも注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA