【キャピタルステークス2016予想】フルーキー本命で勝負! | 本気競馬

【キャピタルステークス2016予想】フルーキー本命で勝負!

2016 キャピタルステークス[レース予想]

花形の東京開催最終週の土曜日のメインレースはこのレース。OPではあるもののなかなかの好メンバーが揃った。脚質的にも多彩な馬が集まり、展開も比較的簡単に検討がつきそう。逃げるのは恐らくウインガニオン、続くのはダンツプリウスやマイネルラフレシアあたりだろう。上位人気となりそうなフルーキーやダノンリバティ、ブラックムーンあたりは後方からレースを運ぶだろう。逃げそうなのは1頭のみだが、先行タイプの馬も多いのでスローは考えにくい。平均ペースで流れて最後の直線で実力勝負となりそうだ。

キャピタルステークス 予想【◎ フルーキー】

本命はこの馬とした。メンバー中の実績は最上位で、前走の富士Sは着順を下げてしまったが超が付くほどのスローペースに嵌ってしまい、前で競馬をした馬の決着だったことを考えれば度外視可能だろう。今回のメンバーレベルで言えば地力上位は明らかで、最終追い切りを見ても素軽さは十分で一度使った上積みも大きいはず。得意の東京コースで、斤量も別定の57kgとあれば、馬券圏外となる確率は非常に少ないと見て本命評価とした。

キャピタルステークス 予想【○ ダンツプリウス】

対抗はこの馬とした。今年の3歳マイル王決定戦のNHKマイルCで4着に好走した実績を持つこの馬。その時の上位3頭は後の重賞戦線でも活躍を見せていた実力馬達ばかりなので、この馬の実力もなかなかのものがあると思います。前走のOP特別は明らかに休み明けが応えた印象で、成長分もあるとはいえ馬体重が少し増えすぎていたことも敗因の一つでしょう。当然一度使った上積みは大きいはずで、前走を叩きにしてここ出走というみえみえのローテーションですから、今回は上位争いも十分に期待できます。今年の3歳はレベルが高いといわれていますから、この馬もその実力を見せてくれると期待して対抗評価としました。

キャピタルステークス 予想:【▲ ブラックムーン】

3番手にはこの馬を。こちらも本命のフルーキー同様、前走の富士Sでは展開に泣かされて6着に凡走してしまいましたが、度外視可能な1戦でした。4歳でまだまだ成長が見込める馬ですし、前走のレースを除けば5戦連続馬券圏内と安定感も抜群で、本格化の兆しを見せています。前走よりメンバーレベルも明らかに弱化し、目立った強敵も不在となれば上位争いは十分に可能で、勝ち負けまで考えられる1頭だと思いましたのでこの評価としました。

キャピタルステークス 予想【△ ダノンリバティ】

4番手にはこの馬を取り上げる。前走の京成杯AHは夏のサマーマイルチャンピオンがかかっていた為、勝負のレースではあったはずだが連戦の疲れもあったのか10着と思わぬ大敗を喫してしまった。その後は短期放牧を挟んで休養を取ってからこのレースを照準に絞って調整してきた。直前の追い切りでも好時計をマークし、好調をアピールしてはいるものの大型馬なので休み明けは少し割り引いて考えた方が良いと判断して、この評価にとどめました。

2016 キャピタルステークス[馬券考察]

本命のフルーキーから印に向かって流す馬券を買って勝負してみたいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA