【オーロカップ2016予想】アルバタックス本命で勝負! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【オーロカップ2016予想】アルバタックス本命で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 オーロカップ[レース予想]

花形の東京開催ではあるが、今週は裏開催となりメインはOP特別のオーロカップ。フルゲートの18頭で行なわれるとあって混戦模様。展開は最内にゼロス入ったのでこれがハナを切るのではないかと予想する。有力馬のほとんどが差し向きの馬なので、前に楽をさせる展開になると差し届かない可能性も十分にあるので、実力比較だけではなく展開も頭に入れながら予想するのが良さそうだ。

オーロカップ 予想【◎ アルバタックス】

本命はこの馬とした。昨年のこのレース2着馬にして1400~1800位まで好走実績のある実力馬。その昨年は重賞でも上位争いをしているロサギガンティアに敗れはしたものの、キッチリと2着を確保できたのは実力の証明と見ていいだろう。それ以降も好走はあるが、気難しい面があることも確かで思わぬ大敗を喫することも間々あるのはご愛嬌で。前走の信越Sでは1400mの鬼であるトウショウドラフタにハナ差負けてしまったが、今回は同斤量で逆転も十分に可能と見る。調教をみても状態は良さそうなので本命評価とした。

オーロカップ 予想【○ トウショウドラフタ】

対抗はこの馬とした。この1400mという距離では無類の強さを誇るこの馬。春先にはファルコンSで勝利し、NHKマイルCではハイレベルのレースで5着と好走。近走は古馬混合重賞で壁に当たっている感があったが、前走のOPで古馬を撃破。着順を下げた2走は距離に敗因があったと見るべきだろう。今回は連続して好走経験のある1400mは好材料で、差し脚は堅実なタイプなので展開さえ向けばまとめて差しきれるだけの実力はあると見て、対抗評価とした。

オーロカップ 予想【▲ アットザシーサイド】

3番手にはこの馬を。クラシック戦線は桜花賞3着の実績を残したが、それ以降は結果を残すことは出来なかった。ただクラシックという呪縛から開放され、距離適性を重視したレース選びが出来るようになったことは好材料。フィリーズレビュー2着や桜花賞3着が物語るように、この馬の距離適性は明らかに1400や1600m。今回の東京1400mはこの馬にとってプラスに働く可能性が大きいと見ている。ましてハンデ戦で今回の斤量は53kgと軽量。とあれ初めての古馬対戦となるが、激走があってもなんら驚けないだけに3番手評価とした。

オーロカップ 予想【△ ヴェステルキング】

4番手にはこの馬を取り上げる。前走の白秋Sでは直線で33.3の末脚を繰り出しての差し切り勝ち。この1400mを使い出してから馬券圏外はわずかに2回という堅実な走りを見せている。4歳という年齢からまだまだ成長が見込めるし、直線の長い東京コースならこの馬の持ち味が最大限発揮されると思うので、この評価とした。先週のアルゼンチン共和国杯をシュヴァルグランで制した佐々木オーナー所有の実力馬なのも好材料といえるだろう。

2016 オーロカップ[馬券考察]

本命のアルバタックスから印に向かって流す馬券を買って勝負してみたい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA