【エリザベス女王杯2016追い切り診断】マリアライト・ミッキークイーンに異変!? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【エリザベス女王杯2016追い切り診断】マリアライト・ミッキークイーンに異変!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

エリザベス女王杯の最終追い切りが美浦・栗東トレセンで行われました。
古馬牝馬にとってはここがこの秋に是が非でも獲りたいビッグレースとなるだけに
各馬仕上がりはまさに万全といった追い切りを消化しているように見えますが
注目のマリアライトとミッキークイーンがどうであったかを検証していきましょう!

大一番を前にトレードマークのメンコを脱ぎ捨てて…

マリアライト 美浦南W 68.8 53.3 39.5 13.3 馬なり

追い切りの動き自体はこの馬自身が目立つような時計を出す馬ではないだけに
これで十分といった感じのようにも思えます。1週前には終いを伸ばす競馬で
それこそ12.2でフィニッシュとこの馬にしては速い終いの時計も出ているだけに
状態面は叩き良化タイプだけにしっかりとオールカマーを使って上昇と見ていいでしょう。
とはいえ歴然と良化というようなイメージはないだけにまだまだメイチというわけではない。
この次までも見据えた仕上がりであろうようにも見えます。

今回のマリアライトで注目すべきはメンコをはずしてレースに臨むという点。
蛯名騎手の進言で闘志をかきたてるべくメンコをはずすということなのであるが
追い切りの動きを見る限りで大きく変わった点はない。
そもそもメンコは耳を塞ぎ、騒音を軽減することが馬具効果でもあるのですが、
G1レースのファンファーレや騒がしいパドック。これに対しての効果があるものであり
追い切りで効果があるかないかは判断し難いところではあります。

過去にもビワハヤヒデが岡部騎手の進言でメンコを外してそこから菊花賞を制したという
話があったりするだけに蛯名騎手もそれをイメージしたのかもしれませんが、
必ずメンコを外すことがプラスに働くわけでもなく、寧ろ音に敏感になって力を出し切れず
敗退してしまう可能性すらあることは頭に入れておきたいところです。

坂路で自己ベストをマーク。休み明けでも態勢万全のように見えるが…

ミッキークイーン 栗東坂路 52.0 38.0 24.5 11.9 馬なり 併せ先着

坂路で自己ベスト。馬なりで終い11.9。これだけならまさに「買い」材料ですが
元々ミッキークイーンといえば負荷をかける追い切りはコースで行っていた馬。
それがこの秋、栗東に戻るとひたすらに坂路のみでの調整となっている点は気がかり。
勿論、内容的にはしっかりと負荷をかけて時計も出ているだけに状態は良好と見るのは
当然かと思いますが、果たしてこの調整パターンの変更がどう出るか。

ミッキークイーンはエリザベス女王杯においては人気の一角。
追い切り内容的には、人気になる馬は泰然自若といつも通りの追い切りをすることが
理想と言われます。逆に逆転を狙うような馬がパターンを変えて一変。なんていう
ことがあるのも追い切りの面白いところではあります。
果たしてこのミッキークイーンの追い切りパターン変更は成功するのでしょうか。
基本的には大幅なパターン変更ではないだけに気にすることもないのかもしれません。

他にもクイーンズリングやパールコードといった人気になりそうな馬も
しっかりと仕上がってきていることをアピールした追い切りを消化しています。

もし、ミッキークイーンとマリアライトのどちらか一方が崩れれば高配当が狙えますし
2頭とも崩れればそれこそ大波乱で超高配当を的中するチャンスにもなります。
ここは一発狙ってもいいレースとなる可能性があります!

京都2200mは外回りコースを利用するとなれば、秋華賞の内回り2000mとは
また違った展開となることが想定されます。そもそも今年は3歳馬の出走が小粒なだけに
スローの瞬発力勝負となる可能性があるかもしれません。
そういった展開推理も含めてしっかりと情報を分析さえできれば的中間違いなしですね!

今週末、京都競馬でビッグな配当を手にしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA