【みちのくステークス2016予想】ゴールドペガサス本命で勝負! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【みちのくステークス2016予想】ゴールドペガサス本命で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 みちのくステークス[レース予想]

福島開催2日目のメインレースはみちのくステークス。前日のメインと同様芝1200mで行なわれるが、開幕週で良馬場ならばやはり内枠の逃げ、先行馬が有利な状況は変わらないだろう。今回は前に行きたい馬が外枠に入ったので、どういう展開となるかは難しいところだがラズールリッキーやハッシュ、クードラパンといった馬たちが先行争いとなりそうで速くなることは必至。多少のハイペースなら前が残りそうだが、あまりにやりあうようなら後方殺到も考えたほうが良さそうだ。

みちのくステークス 予想【◎ ゴールドペガサス】

本命はこの馬とした。昨年のこのレースの覇者だが、この芝1200mという距離は4戦して(3.1.0.0)と連対率100%を誇る得意な距離。休み明けの前走は6着と敗れたものの、勝ち馬とのタイム差はわずかに0秒3差と離れていない。休み明けにしては養生の内容だったのではないかと思う。そして今回は得意なこのレースに照準を絞った調整過程にも好感が持てるし、叩いた上積みもありそうで上位争いに加われると見て本命評価とした。不安は56kgでの好走が多く、今回の57kgでは連対経験がないということ。切れが鈍るようなら心配だが、そこは目を瞑る。

みちのくステークス 予想【○ ハッシュ】

対抗はこの馬とした。こちらは福島コースに良績のある福島巧者で、過去の福島成績は(2.3.0.1)と馬券圏外はわずかに一回という堅実派。逃げ馬ゆえ同型との兼ね合いが重要だが、今回は内枠にラズールリッキーという強烈な同型がいるので、そこをどう御していくかが最大のポイントとなりそう。こちらも控えるよりは気分よく逃げたほうが好成績を残している馬なので、出来れば主導権を握りたいはず。主導権さえ握れれば、前で粘りこみを決めれるとみて対抗評価とした。

みちのくステークス 予想【▲ クードラパン】

牝馬の3歳ということもあり、春先は1400mなどを使っていたが適性距離を模索し短距離を選択。これが功を奏し3走前のHBC賞は始めての1200mながら先団から抜け出す味な競馬で勝利。続くセプテンバーSでは逃げの手に打って出て、評判馬のメラグラーナにあと一歩と迫る2着に好走。短距離適性の高さを見せ付ける内容となっている。前走はペースが速くなってしまい、前総崩れとなってしまったので度外視してもいいだろう。今回も同型との兼ね合いが鍵となるが、逃げずに好位でも競馬が出来るのはプラス。強行軍な日程だが、状態さえ整っていれば好走できると見て3番手評価とした。

みちのくステークス 予想【△ ラズールリッキー】

4番手にはこの馬を取り上げる。3走前の葵Sでは逃げを打ちながら直線は33.7という上がりでまとめて2着を確保するという非常に強い内容だった。続く北九州短距離Sでは1番人気に押されたが、マルヨバクシンに被されてしまいハナをきることが出来ず6着に敗れてしまった。ハナを切る自分の型が出来ないと惨敗するという脆さを露呈してしまったが、逆に言えば自分の形に持ち込めれば好走できるということ。今回もハナを切れるかがポイントなりそうだが、切れれば前で残れるとみてこの評価とした。

2016 みちのくステークス[馬券考察]

本命のゴールドペガサスから印に向かって流す馬券を買って勝負してみたい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA