【JBCレディスクラシック2016予想】ホワイトフーガ本命で勝負! | 本気競馬

【JBCレディスクラシック2016予想】ホワイトフーガ本命で勝負!

2016 JBCレディスクラシック [レース予想]

全年の覇者ホワイトフーガが前走で敗れており、連覇へ黄信号が点った今年のJBCレディスクラシック。ライバル・アムールブリエも好調で1強状態とは行かなくなった。また、昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ、前哨戦優勝のタマノブリュネット、地方馬ではララベルなど粒揃いのメンバー構成で、直線は激戦必至だ。

JBCレディスクラシック 予想【◎ホワイトフーガ】

川崎のマイル戦という舞台は適性ナンバーワンである、同馬を本命に指名する。やはり強敵相手といえど、2走前のスパーキングレディーカップで58kgを背負って勝利したパフォーマンスが忘れられない。同馬は川崎で2戦2勝で、血統的にもマイルは最適。前走の敗戦は1強状態でマークもきつく、他馬よりハンデも重い中で連対確保は役目を果たしたと言える。今回は足かせは無く、連覇へ期待がかかる。

JBCレディスクラシック 予想【○ブルーチッパー】

対抗は快速牝馬ブルーチッパーを指名する。同馬は大井所属馬で、マイルを中心に伸びやかなスピードを披露してきた。スパーキングレディーカップでは最後までしつこく粘って、ホワイトフーガの2着と大健闘して見せた。続くスパーキングサマーカップを快勝しており、川崎マイルは最適舞台と印象付けた。展開的にも張り合う馬が不在で、先手を主張できる同馬の強みが存分に生かせそう。ここはチャンスだ。

JBCレディスクラシック 予想【▲トロワボヌール】

3番手は、長期休養から復帰した同馬を指名する。同馬の復帰戦は前走のグリーンチャンネルカップであったが、10ヶ月の休養明けを、いきなり58kg背負わされては敗戦も仕方ないところだ。それでも最後は差を詰めて来ており、調子は徐々に上向いているという判断をしたが、今回は鞍上が戸崎騎手に替わる事も心強い状況。マイルは得意舞台なだけに、人気になりきらない今が狙い目と踏んで抜擢した。

JBCレディスクラシック 予想【△ララベル】

最後は大井の期待の星、ララベルを指名する。同馬は川崎で2戦2勝、左回りは4戦全勝ととにかくコーナーリングがスムーズ。生産は社台ファームで吉田照哉総帥のお手馬であり、地方にテコ入れしてきた同氏の結実が同馬でもある。前走のレディスプレリュードでも、距離が短ければ連対も有ったのではという伸びを見せ、勝ち馬とも着差は2馬身と内容は悪くなかった。4歳馬でまだまだ伸びしろが有りそうで、ここは波乱の立役者となるかも。

2016 JBCレディスクラシック [馬券考察]

馬券は3連単。◎頭固定で〇▲△に流して計6点で勝負!

JBCレディスクラシックは11月3日、川崎競馬第9レース、15時10分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA