【みやこステークス2016徹底予想】狙いは人気馬にあらず。ラニより注目は… | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【みやこステークス2016徹底予想】狙いは人気馬にあらず。ラニより注目は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

目指すはG1チャンピオンズカップ。このレースの1着馬には優先出走権が与えられるため
賞金的にボーダーラインの馬はまずはここをなんとしても勝利したいところ。
そういった陣営の思惑も汲み取りつつ、予想をしていきたいところですが、予想オッズとしては、ラニ・モーニン・アスカノロマンという順で人気となっている今年のみやこステークス。
果たして人気通りの決着となるのでしょうか?

UAEダービーを制して米国3冠にもチャレンジしたラニがここでは最注目か。
人気はともかくどんな走りをするのかはファンも期待しているところでしょうが、休み明けのブラジルカップが3着。叩いてどれだけ変わってくるかといったところ。
未だに3歳馬と古馬との力差関係ははっきりとしていないだけにここで決着をつけるか。3歳勢はグレンツェント・キョウエイギアと世代トップクラスの馬が揃っているだけに、世代間の力差をはっきりさせるという意味でも注目の1戦となるでしょう。

もう1頭の人気しそうなアスカノロマンはダート重賞2勝の実績。
休み明けのマイルCS南部杯はコパノリッキーから大差の4着でしたが、休み明けで
ベストとは言えない1600mだったことを考えれば上出来の1戦だったでしょうか。
京都の1800mならば条件はピタリ。ここは結果を求めたい1戦となるでしょうし
当然人気してきそうなところではあります。

モーニンは武蔵野Sとの両睨みといった感じですが、やはり59kgを背負うという点で
陣営も使うか使わないかを迷っている面もあるのかもしれません。
そういったところを考えるとここはあまり重い印を打つ気にどしてもなりません。

ともなれば4番人気以下に支持されるであろう馬にも魅力を感じてきてしまいます。

例えばロワジャルダン。昨年のみやこステークスの勝ち馬ですがともかく毎回堅実に走るタイプでここは休み明け3戦目と走り頃。鞍上に昨年も騎乗して勝利を手にした浜中騎手を確保して連覇の可能性も十分あるのではないでしょうか。

更には昨年2着で京都ダートは(2.2.1.0)と崩れ知らずのカゼノコとて侮れない1頭。
長期休養明けを1度使って状態は確実に上向いてくると予想できるだけに、ここを勝ってもなんら驚けない馬であると言えるのではないでしょうか。

ともかく、人気だから勝つというわけではないのが競馬。
今回は人気だろうが人気薄だろうがこのレースを本気で狙ってきている馬が勝つ予感。
ラニとて出遅れの心配もありますし、アスカノロマンにも取りこぼしの可能性はあります。

それでは今週末もしっかりと馬券を的中させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA