【カシオペアステークス2016予想】レプランシュ本命で勝負! | 本気競馬

【カシオペアステークス2016予想】レプランシュ本命で勝負!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 カシオペアステークス[レース予想]

頭数こそ落ち着いてしまったが、既に重賞でも活躍している実力馬やこれから先重賞での活躍が期待出来る馬のメンバー構成となった。ゼロスやコスモソーンパークなど前に行きたい馬がいるので、展開としてはスローにはならないと予想。ある程度流れて最後の直線勝負といった流れになることを想定して予想していきたい。

カシオペアステークス予想【◎ レプランシュ】

本命はレプランシュとした。春先にはきさらぎ賞に出走し、先週菊花賞を制覇したサトノダイヤモンドの2着に入るなど、その実力の高さを証明して見せた。しかし、その後は体調面が整わず、ここまで復帰が延びてしまいクラシック出走は叶わなかった。今回は復帰初戦となるが、調教本数はしっかり乗っておりタイム自体は平凡だが気にすることはないだろう。2走前のシクラメン賞は上がり33秒1と切れ味鋭い走りを見せて快勝を収めているだけに、ここでは上位争いは必至と見て本命評価とした。

カシオペアステークス 予想【○ ベルーフ】

対抗は重賞実績が豊富なこの馬とした。春先は気の悪いところを前面に出してしまい、重賞でも惨敗することが多かったが、近2走はその素振りを見せることはなく2着、4着と安定した成績を残している。馬券圏外となってしまったが前走の新潟記念も外からジワジワ伸びてきており、気の悪さは解消されてきたと見ている。元より3歳時には重賞を制覇したことのある素質馬なので、この位はやってのける実力の持ち主。今回も気の悪ささえ出さなければこのメンバー構成なら当然上位争いが期待できるだけに、対抗評価とした。

カシオペアステークス 予想【▲ ヒルノマテーラ】

こちらは前走のマーメイドSで2着に入り、その地力強化が伺える内容だった。展開面が向いたことも確かだが、道中ほぼ最後方から直線だけで2着まで押し上げたその末脚はなかなかのもので、牝馬限定重賞ながら光るものを感じさせた。今回は牡馬が相手となり、メンバー構成も強力となったが、展開次第では牡馬相手でもやれるだけの実力はあると見て単穴評価とした。

カシオペアステークス 予想【△ ダンツプリウス】

こちらも春先には重賞で活躍を見せていた実力馬。中山でのNZTを制し、NHKマイルCでも4着に入った実績を持つ。そのNHKマイルCはなかなかのハイレベルで勝ち馬メジャーエンブレムを初め、古馬混合重賞を制覇したロードクエストや先日の菊花賞で2着に入ったレインボーラインなどが上位にきており、4着だったこの馬も必然的に能力は高いと見ていいだろう。初の古馬混合戦、休み明けと克服すべき課題があることは確かだが、それを補って余りある能力がると見て4番手評価とした。

2016 カシオペアステークス[馬券考察]

本命のレプランシュから印に向かって流す馬券と、本命―対抗の2頭軸の馬券も購入して、勝負したい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA