【エーデルワイス賞2016予想】リエノテソーロ本命で勝負! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【エーデルワイス賞2016予想】リエノテソーロ本命で勝負!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 エーデルワイス賞 [レース予想]

中央VSホッカイドウの構図となっているエーデルワイス賞。

今年はすずらん賞勝ちを含めて2連勝中のリエノテソーロを筆頭に、中央勢の壁は分厚い。

それに対する地元ホッカイドウ勢は、フローラルカップ快勝のオーブスプリングにリリーカップ快勝のハタノオヌールと、こちらもメンバーは揃った感じだ。

どの馬が先手を取るか定かではないが、前が速くなるのは間違い無さそうだ。

エーデルワイス賞 予想【◎リエノテソーロ】

中央の期待馬である、同馬を本命に指名する。

同馬は現在2連勝中であるが、好位抜け出しのソツの無い競馬で安定感ある走りが魅力だ。

更に血統も、父スペイツタウン(BCスプリント優勝)×ラングフール(カナダの最優秀スプリンター)と、その背景もダート短距離血統で埋め尽くされているのが特徴的だ。

芝で連勝するスピードが有り、適性は更に高い予感もあるダートの1200mは、同馬にとって最高の舞台設定と言えるかもしれない。

鞍上の吉田隼人騎手と共に、どこまで連勝を伸ばせるか注目の一戦だ。

エーデルワイス賞 予想【○ハタノオヌール】

地元ホッカイドウ勢からは、追い込み鋭い同馬を対抗に指名する。

同馬の前走・リリーカップでは、大外を回して後方から差し切る強い競馬を見せたが、今回は前回以上に先行馬乱立の様相で、同馬の末脚は切れに切れそうだ。

コーナーを回りながら加速できる脚を持ち、勝負どころの反応も鋭い。

元々自在に立ち回れる器用さも持ち合わせており、欠点の少ないホッカイドウ期待の星だ。

今回は一気に相手が強化されるが、自身の走りに徹すれば突破口は開けるはずだ。

エーデルワイス賞 予想【▲アイルキャッチユー】

前走・福島の新馬戦を、11番人気で快勝してきた同馬を3番手に指名する。

同馬の父アイルハヴアナザーはアメリカの2冠馬で、3冠を期待されるも故障で引退を余儀なくされた馬だ。

これに母父は日本の3冠馬ディープインパクトで、言うなれば幻の6冠配合と言った感じの血統だ。

そんな同馬の血統から、ダート適性は認められるものの、福島の1150m戦を逃げて快勝するとは想像しにくいところだった。

鞍上の津村明秀騎手も同馬と同様、意外性の有る騎手で、このコンビには何をするか分からない怖さが感じられる。

スタートさえ五分に出れば相当粘ると見て、今回はこの位置で様子を見たい。

エーデルワイス賞 予想【△ピンクドッグウッド】

最後はホッカイドウの快速、ピンクドッグウッドを指名する。

同馬は2走前、重賞・フルールカップを好位抜け出しで楽勝したが、前走リリーカップでは出遅れて4着と、1番人気の責任を果たせずに終わった。

それでもそのレース振りは、後方から鋭く追い込んで順位を上げており、今回は控えてもレースが上手く運べる期待がかかる。

鞍上は天才肌の吉原寛人騎手で、同騎手ならまくりも自在に繰り出せるだろう。

先行馬が揃っただけに、位置取りの選択肢は多い方が良い。

スタート五分なら好勝負必至だ。

2016 エーデルワイス賞 [馬券考察]

馬券は馬複。

流しで◎ー〇▲△の計3点で勝負!

エーデルワイス賞は10月13日、門別競馬第11レース、19時55分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA