【府中牝馬ステークス2016徹底予想】スマートレイアーの勝算は? | 本気競馬

【府中牝馬ステークス2016徹底予想】スマートレイアーの勝算は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日王冠を制した牝馬ルージュバックは天皇賞秋へ向かうとなれば
エリザベス女王杯を狙う古馬牝馬のチェックはこのレースから。
府中牝馬ステークスが今週末発走となりますが、古馬牝馬の有力各馬が
こぞって出走してくるだけにこれは注目の一戦となりそうです。
予想を的中させる上で最も注目はスマートレイアーとなりそうです。

重賞3勝・残すはG1レースのみというところまでに実績を積み上げたスマートレイアー
昨年の府中牝馬ステークスも2着とコース実績もあるだけにここは不動の1番人気候補。
そのスマートレイアーが昨年と違う点といえば、それまでの差し・追い込み脚質から
逃げ・先行脚質へとイメージチェンジを行ったということ。

奇襲的に逃げて制した今年の東京新聞杯。逃げて相手を寄せつけなかった阪神牝馬S、
ヴィクトリアマイルとて先行馬総崩れの展開の中、4着と粘っているだけにやはり、
マイペースの先行ならば非常に渋太いということはこの3戦で証明している。
今回のメンバーを見渡せば、逃げ馬不在で行こうと思えばマイペースの逃げが可能。
最近の武豊騎手といえば先日キタサンブラックで京都大賞典を制しているが、
タイプ的にいえばこのキタサンブラックと同じようなタイプのスマートレイアー。
同じようにそつなく乗れば結果が伴ってきそうな感はある。

そんなスマートレイアーに死角はないのか?展開も味方しそうな今回ではあるが
逃げ・先行脚質に転換してから1800mを走るのははじめてとなる。
それ以前に2000m以上の距離で実績も残しているだけに心配はないと思う方が
大勢を占めそうではあるが、先行と差しでは脚の溜め方も異なれば、
ここ最近のスマートレイアーの実績は1400m・1600mに集中していることを考えると
残り1Fで甘くなる可能性は否めないところ。
そうなると後方からの差し馬に、最後の最後で差されてしまうというシーンも
頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。

同じく、人気になりそうなマジックタイムも1800mという距離は実績がなく
距離延長が微妙に影響を及ぼしてくる可能性はあるでしょう。
これら2頭が最後の1ハロンで甘くなるようであれば、それこそ1800を得意とする
シュンドルボンや、最近の充実ぶりが目立つシャルールあたりの差し脚が勝り
頭はこれらの差しが決まるという結末も十分にあるのではないでしょうか。
たかが1ハロン、されと1ハロン。東京の長い直線、坂を上ってからの200mの攻防が
今年の府中牝馬ステークスでは最も注目のポイントとなるかもしれません。

これがマイルの重賞ならば迷わずスマートレイアーとマジックタイムとなるのでしょうが
距離が1800mということが府中牝馬ステークスの予想を難しくも楽しくしています。
さあ、どの馬から狙うのか?登録メンバーの半数以上が重賞ウィナーという
力のある牝馬が集っているだけにそこは非常に悩んでしまうところでしょう。

スポーツ紙面やネット上にはありきたりな情報しかありません。
実際スプリンターズSでビッグアーサーの大敗を予想していたスポーツ紙がありますか?
どこも主役扱いでの記事を掲載し、競馬ファンを扇動していたことを忘れてはいけません。

実際、引っ掛かる心配があるなどという話は馬券のプロの間では当然のように扱われ
ビッグアーサーを本命にする人間など皆無だったという事実があります。

つまり、スポーツ紙面やネット上で決して出回らない情報を入手して馬券勝負することは
非常に効果的と言えるだけに是非皆さんも導入してみてください。

それでは今週末もしっかりと馬券を的中させましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA