【信越ステークス2016予想オッズ】ダンツプリウスなど出走馬短評 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【信越ステークス2016予想オッズ】ダンツプリウスなど出走馬短評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016信越ステークス [出走馬短評]

1400のハンデ戦。登録頭数も多く、バラエティに富んだメンバー構成になりそうだ。その中でも注目が集まるのが3歳勢。特にトウショウドラフタ、ダンツプリウスの重賞馬は一つ抜きん出た存在といえそうだ。追いかけるオデュッセウスも侮れない存在で、斤量次第では逆転も十分だ。対する古馬勢が若干層が薄いが、差し脚鋭いタガノブルグ、重賞で揉まれてきたスマートオリオンあたりが対抗格だろうか。明らかに3歳勢に比べて力が劣るだけに、斤量が課されれば厳しいという判断になるだろう。

信越ステークス 予想オッズ:ダンツプリウス(4.5倍)

NHKマイルカップまでに10戦を走ったタフネスホース。本番でも4着に踏ん張り、地力のあるところを証明してみせた。それ以来になるのは本来ならリフレッシュも相俟って否定出来ないほど走っているのだが、或いは間隔を詰めたほうがプラスなタイプかもしれない。ただ何にしろ地力上位で人気は集める。

信越ステークス 予想オッズ:トウショウドラフタ(7.1倍)

3連勝でファルコンステークスを勝った追い込みは鬼脚の域に達していた。立て直した前走京成杯オータムハンデキャップでも見せ場は作っただけに、成長があれば再度重賞タイトルを獲得できる逸材だろう。名門出身馬が再度G1を手に入れるには、ここがそのスタートの一歩になりそうだ。

信越ステークス 予想オッズ:オデュッセウス(12.0倍)

ダートもクリアするパワーホース。函館スプリントステークス、キーンランドカップと古馬相手でもそれならに走ってきているだけに、力があるのは否定できない。相手が同世代の重賞ホースであっても引けを取らないだろう。馬場が少しでも重くなるなら台頭の余地が増す。

信越ステークス 予想オッズ:タガノブルグ(20.8倍)

かつてのG12着馬。その末脚はタイトルに手が届くレベルであったのは確か。今は現級で落ち着いてしまっているが、相変わらずハマれば一撃がある走法だ。

2016信越ステークス [レース見解]

3歳馬のレベルは高く、その中でも上位馬が揃っただけに外せない。対抗できそうな古馬も見当たらず、3歳馬が多数を占める決着になりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA