【秋華賞2016徹底予想】ジュエラーの復活はあるのか? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【秋華賞2016徹底予想】ジュエラーの復活はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

秋華賞

牝馬3冠の最終戦、今年の秋華賞はオークス馬にして絶対的存在のシンハライト回避で
例年にない大混戦ムードとなり、馬券予想は難解になりそうですが高配当的中のチャンス。
どの馬にもチャンスがあると言ってよい1戦で何より注目を浴びるのは桜花賞馬、
ジュエラーの存在と言えるのではないでしょうか?

ジュエラーはライバル、シンハライトとしのぎを削った春のクラシック戦線。
桜花賞を制したものの、オークスを骨折で回避。
先のローズSで復帰戦を迎えたもののその結果はまさかの11着敗退となりました。
秋華賞を制して2冠達成を狙っていたこの馬に一体何が起こったのでしょうか?
鞍上のMデムーロ騎手は敗因を馬場に求めていましたが、果たしてその敗因を
全て鵜呑みにしていいかと問われれば、答えはNOでしょう。敗因は他にもあります。

馬は臆病であるとともに、非常に賢い動物であると言われています。
1度痛い思いをすればその痛みを忘れることはないとも言われていますが、
目一杯走ることによって骨折してしまったジュエラーは
もう痛い思いはしたくないと目一杯走らなくなってしまっている可能性は否めません。
確かに前走の重馬場は休み明けのジュエラーにとってはきつい馬場になったかもしれません。
それでもG1を制するような馬が馬場を理由にここまで大敗することがあるのでしょうか。

いつも最終追い切りはポリトラックコースで行うジュエラー。
それこそ目一杯の追い切りを坂路で行って負荷をかけるのを嫌っていたのでは?
元々足元に不安があった馬が骨折で更に足元に不安があるとなれば、
桜花賞馬として将来の繁殖牝馬としての価値にも期待されているだけに、
レースで不慮の事故は絶対に避けたいところであるのは確かです。
ともなれば、やはり馬が骨折の痛みを覚えていて本気で走らなくなっていても
本気で走らせて再び故障させても困るだけに今まで以上に調整過程にも
慎重さが求められるようになってしまいます。

毎日王冠・京都大賞典の的中をできなかったあなた。こういったプロの極秘情報を
「どうせ嘘だろう」などと確認もせずに決め付けていたりはしませんか?
競馬で勝っている人から見れば、そういうあなたのような人は「馬券の養分」として
大歓迎の存在となっていることはお気づきでしょうか?
競馬は情報戦。確かな情報を掴んでさえいれば負けることがないのが競馬なのです。
今週末は気分一新、新たな馬券戦略で競馬を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ともかく、今週末も秋競馬を目一杯楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA