【スプリンターズステークス2016】1番人気ビッグアーサーの死角を暴露! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【スプリンターズステークス2016】1番人気ビッグアーサーの死角を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

高松宮記念を制して前哨戦のセントウルステークスも勝利。
万全の態勢で春秋スプリントG1連覇へ死角なしという評価が多い
ビッグアーサーではありますが、果たしてその評価を鵜呑みしていいのでしょうか?
近年波乱の連続となっているスプリンターズSですが、今年の1番人気ビッグアーサーにも
思わぬ死角があることをご存知ですか?

セントウルステークスを『逃げた』ことが裏目に出る?
持ち前のスピードを武器に一気にG1制覇までのぼりつめたビッグアーサーですが
そのレース振りは先行・差しという内容が殆ど。逃げ馬というイメージはありませんでしたが
前哨戦のセントウルSでは最内枠を引いたことにより包まれることを嫌って逃げの手に。
この奇襲的な作戦に後続各馬はお見合いする展開となりまんまと逃げ切って見せました。
「逃げても勝てる」と前向きな評価がスポーツ紙やネット上では蔓延していますが、
実はこの「逃げて勝った」という内容には非常に危険な要素を孕んでいるのをご存知ですか?

元々、気性的に難のあるビッグアーサーだけに…
そこまで騒がれたことはないですが、過去のレース後の談話を見れば一目瞭然。
このビッグアーサーは勝負処などで力んだり引っ掛かったりと気性的に難があります。
だからこそセントウルSでは包まれることを嫌って逃げに出たともいえますが、
関係者がよく口にする「逃げたレースの次は難しい」というのは馬に学習能力があるから。
逃げて揉まれない競馬をした後の競走馬は次のレースも揉まれずレースしたいと
スタートから再度逃げようと自ら猛ダッシュすることが多々あるもの。
それをジョッキーが無理に抑えようとするならば引っ掛かり余計に体力を消耗してします。
だからこそ、逃げた後のレースは折り合いをつけるのが非常に困難になるわけです。
今回はG1の舞台。ネロやベルカントといった快速馬もいるだけに、ハナにでもいこうものなら
マークされるか潰しにかかられてハイペースに自滅というシーンも十分に有り得ます。
それだけに今頃陣営は折り合い対策に戦々恐々といったところなのではないでしょうか。

つまりのところ『 1番人気ビッグアーサー 過信は禁物 』と十分に言えるのです。

では他に狙える馬がいるのかということになりますが、人気になりそうな3歳勢
シュウジブランボヌールソルヴェイグといったあたりが実績を残したのは
夏場の北海道、滞在競馬の洋芝でのもので斤量面でも恩恵があったものです。
一概にここで好走したからといって今回も狙えるとはとても言えません。
逆に人気になるようならば疑ってかかってもいい存在と言えそうです。

ならば古馬勢からミッキーアイルということになりそうですが、これも気性難のある馬で
休み明けということにもなれば積極的には買えません。更にはベルカントは元々目標が
サマースプリントシリーズにあった馬だけにここは調子的にどうかという面もあり、
夏の実績を素直に信頼するのはどうかといった感もあります。
実際、人気馬にこれといった買い要素があまりないということ。
これは昨年同様に大波乱のレースとなる可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか?

今週末はスプリンターズS開催というだけでなく秋の中山競馬の最終週でもあります。
この開催が終われば東京開催へ。そして中山競馬場に開催が戻ってくるのは
暮れの有馬記念開催となります。つまりのところ、これから有馬記念までは
競馬を楽しんでいればあっという間に過ぎてしまうということですね。
もちろん、その間にとにかく馬券は的中させたいところですよね!

ともかく、今週末も秋競馬を目一杯楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA